EGUCHI HOLDINGS GROUP

フィリピン中央銀行への太陽光発電事業をエグチホールディングスが受注。日系企業として初の受注獲得。


報道関係者各位
プレスリリース

2017年04月04日
エグチホールディングス株式会社

フィリピン中央銀行への太陽光発電事業をエグチホールディングスが受注。日系企業として初の受注獲得。

太陽光発電関連設備販売事業を手掛けるエグチホールディングス株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役:江口勝義)は、フィリピンの大手衛星通信会社で、同社のパートナー企業であるWe are IT Philippines社と共同で、フィリピン政府による屋根置き太陽光発電設備の設置事業を落札・受注したと発表した。

当事業はPNOC(Philippine National Oil Company:以下PNOC)がフィリピン政府から入札を受託しており、PNOCが管理する環境エネルギー事業入札案件としては、日系企業として初の受注となる。2017年6月15日までの完工を目指す。

 

今回の入札は、エグチホールディングス株式会社とWe are IT Philippines社の共同プロジェクトである。入札にはフィリピン企業だけでなく、ヨーロッパ諸国の太陽光EPC大手等が参加したが、同社の日本での実績が高く評価され、受注へとつながった。同事業は、フィリピン共和国の国立銀行である、フィリピン中央銀行の本店屋根に200kW、造幣局の屋根に400kW、 計600kW規模の太陽光発電設備を建設する。太陽光発電設備によって発電された電気は全て館内で使用される予定。フィリピン共和国では太陽光発電システムの設置をはじめ、多くの再生エネルギー事業が入札の対象になっている。今後も同社では積極的に入札案件に参加し、更なる受注獲得を目指していく。また今回の実績を活かしながら同国ならびに南アジアを含むASEAN諸国において、太陽光発電システムやソーラー街路灯システムの導入を加速させ、グローバルなインフラ整備に貢献していく方針を明らかにしている。

■発電所概要
建設場所   : フィリピン共和国マニラ市、ケソン市
パネル設置枚数: 約 2,250 枚(2現場合計)
発電規模   : 約 600kW(2現場合計)
工事開始   : 2017年4月中旬
運用開始   : 2017年6月中旬
地権者    : フィリピン中央銀行
元請業者   : Philippine National Oil Company(国立石油会社)

■会社概要
社名    : エグチホールディングス株式会社
本社所在地 : 〒463-0021 愛知県名古屋市守山区大森4丁目1002番地
設立    : 1992年(平成4年)4月
代表者   : 代表取締役社長 江口 勝義
従業員数  : 49名(平成28年12月28日現在)
資本金   : 3,700万円

社名    :  We are IT Philippines社
本社所在地 :  U36 3rd Floor The Columbia Tower, Ortigas Avenue, Mandaluyong City, Philippines.
設立    : 2002年 2月
代表者   : Joseph Maddatu
従業員数  : 70名
資本金   : PHP100,000,000.00(約225,000,000円)

<太陽光発電設備・ソーラー街路灯に関するお問い合わせ・ご相談>
エグチホールディングス株式会社
フリーダイヤル: 0120-16-3010
ホームページ : http://eguchi-hd.co.jp/
<連絡先>
エグチホールディングス株式会社
〒463-0021 名古屋市守山区大森4丁目1002番地
電話     : 052-798-2311(0120-16-3010)
担当     : 西平(にしひら)・平野
メールアドレス: info@eguchi-hd.co.jp