EGUCHI HOLDINGS GROUP

農地のまま太陽光発電を導入するには【太陽光発電導入】


 

日本には【農地】が多く存在します。しかし使われていない農地も多く存在し、この土地を有効活用するために【農地転用】を行い、太陽光発電所を建設する事が可能となっています。また注目を集めている農地活用法が「ソーラーシェアリング」と呼ばれる方法。この方法を活用すれば、多くの農地を更に有効活用し、太陽光発電所を建設することが可能なのです。

 

 

ソーラーシェアリングとは

農地や田んぼなどの農地と、太陽光発電を同時に行う事が出来る「ソーラーシェアリング」が注目されています。ソーラーシェアリングとは、農地では今まで通り耕作を行うのですが、その農地に支柱を立て、太陽光発電も同時に稼働させるといったものです。パネルの配置や向きを調整すれば、作物には十分日光があたるばかりではなく、雨風を適切に遮ることで作物にも好影響を与えることができます。

 

 

ソーラーシェアリングのメリット・デメリット

ソーラーシェアリングを行う事によって、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。まずメリットは、収入の増加です。太陽光発電設備の設置コストはもちろん必要となりますが、長い目でみれば何もしなくても収入が得られる太陽光発電は、収入を上げるのに非常に有効な手段といえます。

また、上質な土壌づくりにも一役買うといわれています。日光を適度に遮断する為、土の湿度を保つことができます。結果的に微生物の活動が活発になり、土壌が良好に保たれるのです。デメリットは、3年に一度の更新許可(農林水産省)が必要なこと。また、太陽光発電所の定期的なメンテナンスも必要となります。

 

 

 

農業への影響を考慮

ソーラーシェアリングでは、太陽光発電だけではなく農業が適切に継続されることが条件とされています。国の食物自給率を低下させないために、農業を継続させることが必須条件となっているのです。では、どのような条件があるのか確認していきましょう。

1. 作物の収入が周辺地域の平均的な同一作物収入より2割以上減少しない。
2. 作物の品質に著しい劣化がないこと。
3. 農作業に必要な機械等の使用が十分に行えること。

 

 

 

一時転用の許可が必要

ソーラーシェアリングを実施する為には、農林水産省の許可が必要となります。また3年ごとに更新が必要となり、作物の収入が下がっているなどが見受けられる場合は、更新が認められないこともあるため注意が必要です。

 


出典元:農林水産省 営農型発電設備について

まとめ

ソーラーシェアリングは農家の収入を上げ、暮らしを支える為の仕組みです。興味がある場合は、まずは気軽に太陽光業者にご相談してみてはいかがでしょうか。またどの業者に相談するかで費用も品質も変わってきます。太陽光発電設備は、長い間付き合うことになる安定収入物件です。業者を選ばれる際は、実績やメンテナンス、そして1社で完結するような技術力をもつ業者を選ぶようにしましょう。
太陽光のことなら安心のワンストップ 
エグチホールディングス株式会社