EGUCHI HOLDINGS GROUP

乾電池の「液もれ」ってなに?液もれしていたらどうすればいいの?



身のまわりのさまざまなものに使われている「乾電池(かんでんち)」。リモコンや懐中電灯(かいちゅうでんとう)、おもちゃや時計など、少し見回すだけでも、乾電池を使ったものがたくさんありますね。その乾電池には、「液もれ(えきもれ)」という現象(げんしょう)が起こるのを知っていますか?

 
今回は乾電池の「液もれ」についてご紹介します! 「液もれ」はどんな現象で、もし乾電池が「液もれ」していたらどうすればいいのか、親子で「液もれ」について知りましょう。

 
※画像は「液もれ」した乾電池です。

 
関連記事:電池は何からできているの?電池のしくみをわかりやすく解説!

 

「液もれ」は乾電池の中身が出てしまっている状態!


リモコンやおもちゃの電池ケースを開いたら、電池がベタベタになっていたり、変な液体(えきたい)がこびりついていたり、粉(こな)がふきき出しているのを見たことはありませんか? これは乾電池の「中身(なかみ)」が出てしまった状態(じょうたい)で、「液もれ」とよばれています。

乾電池からもれている液体の正体はなに?

乾電池からもれている液体の正体は、ずばり「電解液(でんかいえき)」です。電解液とは、乾電池のなかで電気を起こすためにひつような液体のこと。電解液は電池の種類によって成分がちがいます。

  • マンガン乾電池……「塩化亜鉛(えんかあえん)」の水溶液
  • アルカリ乾電池……「水酸化(すいさんか)カリウム」の水溶液

乾電池の「液もれ」はどうして起こるの?

よく見かける「液もれ」は、使用中の乾電池に多いのではないでしょうか。しかしまだ使っていない、新品の乾電池でも「液もれ」は起こります。新品や使用中・使用後の乾電池では、「液もれ」の原因(げんいん)がちがうのです。

新品の乾電池で起こる「液もれ」の原因

新品の乾電池で起こる「液もれ」には、つぎのような原因が考えられます。
 

  • 落としたり、強い力がかかって乾電池が変形(へんけい)してしまった
  • 使わずに長く保管(ほかん)していた
  • とても温度が高くなるところで保管していた
  • 湿気(しっけ)の多いところで保管していた
  • 何らかの理由でショートしてしまった
  • 悪い条件の保管でサビてしまった

 
「長く保管していた」という状態の「液もれ」は、少し気をつけることでふせぐことができます。乾電池には「使用期限(しようきげん)」があるため、使用期限が切れてしまったものがないか、保管している乾電池をこまめにチェックしましょう。

使用中・使用後の乾電池で起こる「液もれ」の原因

使用中、そして使用後の乾電池で起こる「液もれ」には、つぎのような原因が考えられます。
 

  • プラスとマイナスを逆に入れてしまっていた
  • 新しい乾電池と古い乾電池をいっしょに使っていた
  • 乾電池が切れても、そのままにしておいた
  • ずっと電気を作り続けている状態(リモコンで起こりやすい)
  • 何年も使うことでくさってしまった
  • 金属などがふれることによるショート

 
これらは気をつけていれば、「液もれ」をふせぐことができるものばかりです。乾電池をこうかんするときは乾電池の向きをチェック、長く使い続けている乾電池があればこまめにかくにんをしたり、交換するようにしましょう。

乾電池の「液もれ」を見つけたらどうすればいいの?

乾電池の「液もれ」を見つけたら、素手(すで)でさわらないようにしましょう。ティッシュやいらない布などで乾電池を取りのぞきます。取りのぞいた乾電池は、自治体(じちたい)で決められた方法で処分(しょぶん)します。

 
もしも乾電池の外にもれた液体や粉をさわってしまったら、しっかりと手を洗うようにしてください。ぬるぬるしている場合は、ぬるぬるが取れるまで洗います。目に入ってしまわないように気をつけましょう。

 
さわってしまった部分に痛みやいわかんがあるときや、目に入ってしまったときは、かならずお医者(いしゃ)さんにそうだんしてくださいね。

 
<お子さまへ!>
もし「液もれ」を見つけたら、すぐにまわりの大人をよびましょう。ぜったいに「液もれ」にはさわらないようにしましょう。

 

乾電池の「液もれ」をふせぐには、こまめに乾電池をチェック!


乾電池の「液もれ」は決してめずらしいことではなく、身近でよく起こる現象です。とくに今はさまざまな電化製品(でんかせいひん)でリモコンを使っていますので、リモコンで「液もれ」が起こることが多くあります。おもちゃにも乾電池を使うため、おもちゃ内での「液もれ」もよくあります。

 
乾電池の「液もれ」をふせぐには、こまめに乾電池をチェックするようにしましょう。「新品だから」「まだ使えるから」とゆだんしていると、「液もれ」に気づくのがおくれることがあります。身の回りの「乾電池」を、親子で定期的(ていきてき)にチェックしてみるといいですね。