EGUCHI HOLDINGS GROUP

中部電力で電気を学ぼうPart2!お休みの日は静岡・三重へ!



中部地方の電気をになう中部電力には、電気について楽しく学べる施設があります。「中部電力で電気を学ぼう!お休みの日は名古屋・知多・碧南へ!」の記事では、愛知県の名古屋市、碧南市、知多市の施設をご紹介しました。

今回は静岡県と三重県の施設をご紹介します! お休みの日に、ぜひ親子で足を運んでみてくださいね。

 

中部電力の施設なら、電気を楽しく学べる!


今回は静岡県にある「浜岡原子力館」「新エネルギーホール」「井川展示館」と、三重県にある「川越電力館テラ46」の4施設をご紹介します。親子で楽しみながら学べ工夫がいっぱいで、何度も行きたくなるような施設ばかりですよ。

※画像は浜岡原子力発電所です。
※各施設の詳細および注意事項は、中部電力ホームページでご確認ください。
中部電力ホームページ(「キッズ・展示館」→「遊んで学べる展示館へ行こう!」)

静岡県御前崎市「浜岡原子力館」&「新エネルギーホール」

まずは静岡県の御前崎市にある「浜岡原子力館」と「新エネルギーホール」をご紹介。浜岡原子力発電所にあるこの施設は、原子力発電のしくみはもちろん、エネルギーや環境に関する問題について、さまざまな展示を通して学ぶことができます。

原子力だけではなく、新エネルギーとされる「太陽光」「風力」「燃料電池」についても、わかりやすく解説。

「協力の森」といった緑あふれるエリアや、「新エネルギーホール」に新たに作られた「御前崎風力発電所」の紹介展示物なども要チェック! また季節に合わせたイベントもおこなわれていますので、いつ行っても楽しめますよ。

浜岡原子力館&新エネルギーホール 詳細情報

所在地:〒437-1695 静岡県御前崎市佐倉5561
TEL:0537-85-2424
開館時間:9:00~17:00
休館日:第3月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始
※8月は休館日はありません。
※悪天候等による臨時休館の可能性あり。
入館料:無料

静岡県静岡市「井川展示館」

次にご紹介するのは、静岡県静岡市の「井川展示館」です。井川水力発電所のあるこの井川展示館では、水力発電についてくわしく学ぶことができます。水力発電だからこそともいえる、自然と電気との関係にも注目したいですね。

井川水力発電所の井川ダムは、日本初の中空重力式ダム。そんな井川ダムの魅力にも触れることができる、大人にとっても楽しいスポットです。

井川展示館 詳細情報

所在地:〒428-0504 静岡県静岡市葵区井川字西山沢1956-1
TEL:0547-59-3120
開館時間:9:00~16:00
休館日:毎週月曜日(5月・8月・11月は無休)、冬期(12月~2月)
※悪天候等による臨時休館の可能性あり。
入館料:無料

三重県三重郡川越町「川越電力館テラ46」

最後にご紹介するのは三重県の施設。三重郡川越町の「川越電力館テラ46」をご紹介します。この川越電力館テラ46は、川越火力発電所や温水プールもあるのが魅力のひとつ。レジャー感覚で、遊びと学びを両立できる施設なんですよ。

「テラ46」という名前のとおり、地球が46億年かけて育んだエネルギーについてわかりやすく解説。身近な電気やエネルギーを、宇宙、そして地球という大きなテーマから考えて学んでいくことができます。

川越電力館テラ46 詳細情報

所在地:〒510-8587 三重県三重郡川越町大字亀崎新田字朝明87-1
TEL:059-363-6565
開館時間:9:00~16:30
休館日:毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)・第3金曜日・年末年始
※春休み・夏休みは開館(4月・8月の第1月曜日を除く)
※悪天候等による臨時休館の可能性あり。
入館料:無料

 

レジャー感覚で、電気の学びをもっと身近に!


2回にわたって中部電力の施設をご紹介しましたが、どの施設も「遊びながら学ぶ」「楽しみながら学ぶ」という工夫がいっぱいです。連休や夏休みなどは、ついついレジャー施設に足を運んでしまいがちですが、たまには「学びの場所」に行ってみるのもいいですね。

今回ご紹介した中部電力関連施設も、前にご紹介した施設も、入館料が無料というところにも注目。何度でも気軽に行きやすい施設でもあります。ぜひお休みの日には親子で誘い合って、足を運んでみてくださいね。

※この記事の情報は、2018年4月現在のものです。各施設の詳細および注意事項は、中部電力ホームページでご確認ください。
中部電力ホームページ(「キッズ・展示館」→「遊んで学べる展示館へ行こう!」)