EGUCHI HOLDINGS GROUP

九州で「電気」や「エネルギー」を学べる施設に遊びに行こう!



わたしたちの生活を支えてくれる電気は、発電所で作られて家庭まで送られてきます。そんな電気やエネルギーについて、子どもたちは学校の授業で学んできますが、それだけでストップしてしまうことも。授業の範囲だけではなく、そこから一歩踏み出してみるのも楽しいものです。

 
そんな「一歩踏み出した学習」ができる施設はたくさんあります。そこで今回は、九州にある「電気」や「エネルギー」を親子で楽しく学べる施設をご紹介! 楽しく遊びながら学び、親子で一緒に一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

発電所の関連施設はぜひ一度訪れてみて!


電気やエネルギーを学べる施設やテーマパークはたくさんあります。とくに発電所の関連施設は「発電」や「電気」をとても身近に感じることができておすすめです。今回ご紹介するのは「川内原子力発電所展示館」と「山川発電所展示室」、「玄海エネルギーパーク」の3施設。どんな施設なのか、ひとつずつ見ていきましょう。

 
※画像は「川内原子力発電所」です。

川内原子力発電所展示館

最初にご紹介するのは、鹿児島県薩摩川内市にある「川内原子力発電所展示館」です。原子力発電所の展示館というだけあって、原子力発電や原子炉のしくみを学ぶことができ、実物大の原子炉模型も展示されています。また綱引きをしながらゲーム感覚で楽しめる「人力発電」も。

 
希望すれば、展示館スタッフによるおよそ60分の展示館案内もあります。原子力発電について詳しく知り、理解を深めるきっかけになる展示館です。

川内原子力発電所展示館 詳細情報

所在地:〒895-0132 鹿児島県薩摩川内市久見崎町字小平1758-1
TEL:0996-27-3506
開館時間:09:00~17:00
休館日:年末年始(12月29日~1月1日)
入館料:無料

山川発電所展示室

続いてご紹介するのは、鹿児島県指宿市にある「山川発電所展示室」です。ゲームやシアター、パネルなどを使って地熱発電のしくみを学ぶことができます。この山川発電所は、2,100メートルの深さから取り出した地熱で発電をする地熱発電所。発電所の見学も可能で、地熱の蒸気や発電の様子などを、間近で見ることができます。

山川発電所展示室 詳細情報

所在地:〒891-0515 鹿児島県指宿市山川小川2303
TEL:0993-35-3326
開館時間:09:00~17:00(入館は16:40まで)
休館日:年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:無料

玄海エネルギーパーク

最後にご紹介するのは、佐賀県東松浦郡玄海町にある「玄海エネルギーパーク」です。サイエンス館や実物大の原子炉模型、原子力クイズなど、原子力発電やエネルギーについて楽しく学べる展示がたくさんあります。原子炉模型はなんと高さ13メートルもあるんですよ。

 
ほかにも、アスレチック広場やおよそ200種類の植物を観賞できるなど、広い施設でさまざまな体験ができます。

玄海エネルギーパーク 詳細情報

所在地:〒847-1441 佐賀県東松浦郡玄海町今村字浅湖4112-1
TEL:0955-52-6409
開館時間:09:00~17:00
休館日:毎月第3月曜日、年末年始(12月29日~1月2日)
※第3月曜日が祝日の場合は、その翌日
入館料:無料

 

発電所のしくみを楽しく学べる施設に遊びに行こう!


今回ご紹介した3施設は、どれも発電所のしくみを楽しく学べる工夫がされています。原子力発電の施設はもちろん、地熱発電の「山川発電所展示室」も要チェックです。日本では地熱発電を行っている場所が少ないため、他の施設とは違った経験ができるかもしれませんよ。

 
お休みの日には、「電気」や「エネルギー」を学べるテーマパークに、ご家族や親子揃って遊びに出かけてみてくださいね。

 
※この記事に記載の情報は、2018年12月1日現在のものです。
※入館料や開館時間、入館日などが変わることもありますので、事前に施設側に確認をするようにしてください。