EGUCHI HOLDINGS GROUP

高利回りを確保!過積載の仕組み


solarimg12%e2%88%921

最終兵器「過積載」ご存知ですか?

太陽光発電投資の利回りに大きく関わるのが売電価格。
しかし年々売電価格は低下しており、「利益を確保することが難しくなっているのでは?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
しかし、過積載にすることで高利回りを確保できるとあって、多くの投資家の皆様が導入しています。

過積載とは

パワーコンディショナの容量よりも、太陽光パネルの容量を大きくして設置することです。例えば、総出力1,000kwのパワーコンディショナに対して、1,300kw分の太陽光パネルを設置するというもの。朝や夕方などの日照量が少ない時間帯でも、発電量が多く見込めるため、全体として売電価格が高額だった頃と変わらない利回りが見込めます。

solarimg5asolarimg5b

定格出力との関係性

定格出力とは、パワーコンディショナが送電できる最大の電力のことです。通常太陽光パネルの枚数は、このパワーコンディショナの定格出力に収まるように設置されています。この定格出力を越えた枚数の太陽光パネルを設置した状態を、過積載といいます。一日の中で発電量が落ちないため発電増となり、それだけ売電収入を増やすことができるのです。

過積載のデメリット

過積載にすると、それだけ発電量は増えます。しかし売電可能な電力には上限があり、その上限が定格出力です。日中の発電ピーク時も太陽光パネルを増やした分、発電量は増えますが、パワーコンディショナの定格出力以上の電力は売電できません。しかし、日照量が少ない時間帯にも多くの電力を生むことができるため、一日中安定した発電を行うことができるのです。加えてパワーコンディショナの定格出力以上の電力を発電している状態(ピークカット)は、太陽が高い位置にある夏至の前後1,2か月(過積載量により差異あり)であり、限定的といえます。

費用と利益

「発電量が増えることは分かったけど、初期投資が高額になって結局利回りは変わらない?」そんなことありません。過積載を行うには、多くの太陽光パネルが必要となり、初期コストは増大します。しかし、その分売電収入が増大するため、トータル的にはかなりの利益増となります。

solarimg12%e2%88%922

売電価格が24円より下がっても、高利回り確保

過積載は、売電価格が下がっている中でも高利回りを確保できる方法です。日照量が少ない時間帯であっても、高い発電量を維持できることが過積載の強みです。安心できるパワーコンディショナや太陽光パネルを選びましょう。

過積載の太陽光パネルの選び方

過積載は、パワーコンディショナの定格出力以上の太陽光パネルを接続します。そのため、しっかりとした保証がついているメーカーを選ぶことをおすすめします。近年増加傾向にある異常気象によって、太陽光発電所が壊れてしまった。あるいは修理が必要となった場合、安心の保証に入っていれば負債を抱える心配もありません。TUV認証(太陽光パネルの一定以上の機能を認証)を受けていることや、出力保証がついていることを確認するとともに、土地の仕入れから設計施工、運用開始後のメンテナンスまで一括して依頼可能な施工業者をおすすめいたします。

solarimg12%e2%88%923

パネルメーカーの見直しが可能に

2016年8月1日以降に電力会社と接続契約を締結した物件はすべてパネルメーカーの変更が可能になりました。認定時の太陽光パネルについて、価格と発電効率を見直すことは投資効果を考える上で不可欠です。最適な太陽光パネルをご検討ください。
産業用太陽光パネル 1ワットあたり50円台【25年間の出力保証】