EGUCHI HOLDINGS GROUP

調べ学習や自由研究のテーマに「太陽エネルギー」がおすすめ!



学校の調べ学習や、夏休み・冬休みの自由研究、春休みに何か新しいことをしてみたい、そんなさまざまな理由で、子どもたちはいつも「研究」テーマを探しています。そこで、「太陽エネルギー」はいかがでしょうか。

今回は太陽エネルギーと、太陽エネルギーから作った電気を利用して動く工作をご紹介します。電気やエネルギーに関する記事へのリンクもありますので、合わせて見てみるのもおすすめ! 親子や兄弟、友達といっしょに、楽しく「研究」してみましょう。

 

身近な「太陽エネルギー」は、知れば知るほど面白い!


まずは太陽エネルギーについて知りましょう。太陽エネルギーとは、太陽から地球に届くエネルギーのこと。そして太陽エネルギーを利用して電気を作り出すことを「太陽光発電」といいます。何度でもくり返して使える「再生可能エネルギー」として、世界中で利用されています。

太陽光発電はどんなしくみ?

太陽光発電のしくみを知っていますか? まず、太陽光発電をするには太陽電池が必要になります。家の屋根や建物の屋上にある、黒く四角い「ソーラーパネル」。ソーラーパネルは、太陽電池がたくさんつながったもの。太陽から地球に届く光のエネルギーが太陽電池にあたることで、太陽電池の中にある「半導体(はんどうたい)」の「電子(でんし)」が動き、電気を生み出しています。

太陽光発電は、太陽の光が当たることで発電しています。そのため、太陽の光が届かない夜や、天気の悪い日が続くと発電が難しくなってしまうのです。しかし、太陽光発電は地球に優しく安全な発電方法として、とても注目されています。

太陽エネルギーや発電をもっと知るなら!おすすめ関連記事

作ってみよう!ソーラーカー&ソーラーボート!

太陽エネルギーを利用した、ソーラーカーやソーラーボートを作ってみましょう。とても人気のある工作で、自由研究用に売られているキットを使います。

作り方はとてもカンタン。ペットボトルや牛乳パック、発泡スチロールで作った土台に、ソーラーパネルやモーターなどをつけるだけ! 太陽の光からできた電気でモーターを動かし、タイヤやプロペラを回転させるのです。

車やボート以外にも、風車を作って回したり、豆電球をつけてみたり、オリジナルの工夫をしてみましょう。風車ではなく、水車を作るのもいいですね。カンタンですが、工夫ひとつでさまざまな工作ができ、友達と差をつけることもできますよ。

ただ、自由研究などで使うソーラーパネルは小さいので、大きなものは動かせません。どれくらいのサイズまで動かすことができるのか、工作するときに調べて、自由研究としてまとめてみるのもいいですね。

工作が苦手なら、ソーラーパネルのしくみを調べてみて!

工作は苦手だという場合は、ソーラーパネルのしくみを調べてみてもいいですね。ソーラーパネルのしくみを絵や文章できれいにまとめたり、太陽光発電について調べたりすることで、自然の力で作られる電気について学ぶことができますよ。

 

身近な電気やエネルギーのことをもっと知ろう!


太陽エネルギーは、わたしたちの生活のとても近い場所にあり、地球にもやさしいエネルギーです。調べ学習や自由研究をきっかけに、親子で太陽エネルギーや太陽光発電について話し合ってみるのもいいでしょう。

太陽エネルギーを通じて電気の大切さや、地球の環境問題(かんきょうもんだい)についても学んでみてくださいね。