EGUCHI HOLDINGS GROUP

【電気の偉人】電気の環境を変えた発明家「ニコラ・テスラ」



電気に関する発明家や科学者と聞いて、最初に思い浮かべるのはエジソンではないでしょうか。しかし私たちの生活を支える電気には、他にも欠かせない発明家や科学者がたくさんいます。そんな「電気の偉人(いじん)」たちを、たくさん知りたいですね。

前にエジソンをご紹介しましたが、今回は「ニコラ・テスラ」をご紹介します! 彼は一体どんな発明をしたのでしょうか。

<関連記事>
エジソンや平賀源内など、歴史に残る電気の科学者を紹介!
「フィラメント」ってなに?エジソンと日本の竹、白熱電球の歴史

 

天才?変わり者?偉大な発明家ニコラ・テスラ


ニコラ・テスラは1856年にオーストリアで生まれました。あのエジソンともライバル関係にあり、競うようにして数々の発明品を残したニコラ・テスラ。彼は1943年に亡くなる前、オカルト的な研究もしています。それは、霊界(れいかい)と通信するというもの。

今でこそ、「霊界と通信する」などと言われれば変わり者のように思われますが、当時は本気で研究している人が多かったといわれています。あのエジソンも、霊界との通信装置(つうしんそうち)を研究していたんですよ。

そんなニコラ・テスラはどんな発明をしたのか、その代表的なものを見ていきましょう。

交流電流で電気の環境を変えた!

ニコラ・テスラが発明したもののなかで、特に重要なものがこの「交流電流(こうりゅうでんりゅう)」ではないでしょうか。テスラが交流電流を発明するまで、世の中の「電気」はエジソンの「直流電流(ちょくりゅうでんりゅう)」でした。

直流電流は、電気がつねに一方通行で流れていきます。いっぽう、交流電流は電流や電圧(でんあつ)、電流の向きなどが変化して流れていきます。この交流電流は、直流電流よりもコストが安く、安全に使用できるというメリットがあるのです。今ではわたしたちの家庭で使う電気は交流電流になっています。

さまざまな形で利用される電気モーター!

「テスラモーターズ」という自動車会社の名前を聞いたことがありますか? テスラモーターズはアメリカで自動車関連の事業(じぎょう)を展開(てんかい)している会社です。テスラモーターズが手がける製品には、テスラが発明した電気モーター(三相交流誘導電動機・さんそうこうりゅうゆうどうでんどうき)が活用されているんですよ。

テスラが発明した電気モーターは自動車・電気自動車だけではなく、数多くの電化製品や工業製品などにも使われ、さまざまな形でわたしたちのまわりにあります。テスラモーターズは、電気モーターを発明したテスラの名前にちなんで、社名がつけられたのです。

ラジオもテスラの発明だった!

テスラの発明として、ラジオも有名です。ラジオはもともと他の発明家が発明したとされていました。しかしのちにテスラが先に発明していたことがわかり、「ラジオの発明家はテスラ」として知られるようになったのです。

このラジオの発明は、思いがけない形にも進化をしました。ラジオの無線機能を開発・研究するなかで、「遠隔操作(えんかくそうさ)」の技術も育ったのです。遠隔操作、つまり「リモートコントロール」、リモコンです。

いま、わたしたちの身の回りにはたくさんのリモコンがありますね。子どものおもちゃにもリモコン操作のものがたくさんありますし、テレビやビデオを始めとした「遠隔操作」を必要とするもののほぼ全てにリモコンがあります。

 

ニコラ・テスラの研究がわたしたちの生活にくれたもの


今回ご紹介したのは、ニコラ・テスラの研究や発明のごく一部です。ほかにも様々な発明をし、技術の発展(はってん)に大きな影響(えいきょう)をあたえました。また、「磁束密度(じそくみつど)」という単位にも、「テスラ」の名前が使われています。

一時はエジソンの会社で働いていたテスラ。しかしエジソンと仲違い(なかたがい)をして退社(たいしゃ)してからは、「電流戦争(でんりゅうせんそう)」と呼ばれるほどの対立や研究競争がおこなわれました。

しかしテスラもエジソンも、彼らが残した発明や功績(こうせき)はわたしたちの生活をとても豊かにしてくれたものばかり。電気といえばエジソンと言われてしまいがちですが、テスラのことも知ってみると、「電気」のことがとても面白く感じてきますよ。

 
※画像はテスラモーターズの充電ステーションです。