EGUCHI HOLDINGS GROUP

何を基準にパネルをえらべばいいの?


どう選んでいますか?太陽光パネル

太陽光発電投資を始める場合、太陽光パネルやパワーコンディショナー、架台など「何を選べばいいのかわからない。。。」なんてことになりがちではないでしょうか。今回は発電量にも直接関係する太陽光パネルについて、種類や性能をご説明いたします。

太陽光パネルの種類

太陽光パネルを大きく分類すると「シリコン系」「化合物系」「有機物系」となり、それぞれに特徴・性質の違いがあります。現在世界の主流はシリコン系であり、コスト面・発電効率面から広く普及していると言えます。また「太陽光パネル」「モジュール」という言葉をよく耳にすると思いますが、これは同じものを指しています。

今回は、主流となっているシリコン系パネルについて深堀りしていきたいと思います。

 

シリコン系パネル 単結晶?多結晶?

太陽光パネルは、シリコン系と化合物系、有機物系がありますが、中でも主力として使われているのが、シリコン系。そしてシリコン系の中でも結晶系と言われるものです。結晶系も、大きく分けると単結晶と多結晶に分けることができます。

• 単結晶シリコン
安定した発電効率と、出力の高さが魅力的です。多結晶シリコンよりも発電効率が高い分、狭い面積でも高い発電量が期待できます。多結晶シリコンよりも1枚当たりのコストは高いですが、発電効率(回収率)が高い為、広大な土地でのも使用をお勧めできるパネルです。

• 多結晶シリコン
一番のメリットは価格が安いという点です。ただ発電効率は単結晶シリコンに比べると低くなります。しかし技術の向上により、発電効率も高まっており、国内で一番人気の高いタイプとなります。

アモルファスシリコン
何より価格が安いことが最大のメリット。しかしながら結晶タイプよりも発電量が低くなります。また約2倍のパネル面積が必要になるため、小さな発電所での使用には向いていないと言えます。また非常に薄く軽量化されているのが特徴です。

メーカーによって違いはあるの?

太陽光パネルに種類(原料の違い)があることは、おわかりいただけたと思います。では、同じ種類のパネルでもメーカーが異なる場合は、性能に差はあるのでしょうか?この答えは「大差はない」と考えていいでしょう。比較するならば、コスト面や補償面などを見ていくことをお勧めします。

 

太陽光パネル 1ワットあたり40円台!

エグチホールディングス株式会社