EGUCHI HOLDINGS GROUP

フィリピン太陽光発電・工事事業

Fujisan Solar &Wind Energy Corporationについて

Fujisan Solar & Wind Energy Corporationは2015年にエグチホールディングスとフィリピンの大手衛星ブロードバンド会社であり、アジア太平洋地域に5,000台以上のVSATを有するWe are IT Philippines Inc.による合資企業です。

再生可能エネルギー開発に焦点を当て、フィリピン市場において再生可能エネルギー製品、サービスの開発・販売・運営を行っており、製品やサービスの企画、設計、工事をすべて日本で行うことで、他に劣らない品質を維持しています。

太陽光発電EPC事業

私達は、現地で既に数多くEPC事業者としての工事を受注し始めました。

※EPCとは「Engineering, Procurement and Construction」の略で「設計・調達・建設」という意味です。太陽光発電所の建設において、エンジニアリング設計、資機材調達、建設工事までの工程を一貫して請け負う事業者のことです。日本国内での:

  • 数多くの発電所を建設した実績
  • 太陽光発電所を保有し運用した実績
  • 自社独自ブランド「EHJ」を製作しメーカーとして展開じた実績

これらの豊富な実績を活かして、「日本の技術」をフィリピンの太陽光発電所建設マーケットに提供して参ります。

カガヤンに太陽光発電所を建設予定

Fujisanの第一の太陽光発電所建設地としてフィリピンのカガヤンに位置するエンライル(Enrile Cagayan Valley Philippines)を選択しました。承認を受けた後、最大10MWの太陽光発電所を建設する予定です。

私達はこれからも日本で得たあらゆる太陽光発電についての豊富な経験を元にフィリピンの再生可能エネルギー開発を牽引していきます。

フィリピンでの太陽光発電・工事について興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

お問い合わせ