EGUCHI HOLDINGS GROUP

フィリピン太陽光発電・工事事業

太陽光発電EPC事業

私達は、現地で既に数多くEPC事業者としての工事を受注ています。

※EGCとは、「Engineering, Procurement and Construction」の略で「設計・調達・建設」という意味です。太陽光発電所の建設において、エンジニアリング設計、資機材調達、建設工事までの工程を一貫して請け負う業者のことです。

  • 日本国内での
  • 数多くの発電所を建設した実績
  • 太陽光発電所を保有し運用した実績
  • 自社独自ブランド「EHJ」を製作しメーカーとして展開した実績

これらの豊富な実績を活かして、「日本の技術」をフィリピンの太陽光発電所建設マーケットに提供して参ります。

 

フィリピンにおける太陽光発電所施工実績

私達の、海外における太陽光EPC事業は、フィリピンからスタートしました。

フィリピン各地の施工実績をご紹介いたします。

フィリピン中央銀行本社・造幣局/マニラ市

太陽光工事としては日系企業として初の受注!

本社の社屋に200kW、造幣局の社屋に400kWを設置。

2017年7月より発電開始。

鶏舎/リサール州マラヤ

弊社初の海外における太陽光発電設備。
鶏舎の屋根に30kw設置。
2017年2月より発電開始

発電規模:30kW
工事開始:2016年8月
運用開始:2017年2月

カガヤン/アルカラ市

アルカラ市役所保有の敷地内に40kwの野立て発電所を設置。
発電された電力はすべてアルカラ市役所内で使用される。

発電規模:40kW

工事開始:2017年2月

運用開始:2017年4月