EGUCHI HOLDINGS GROUP

フィリピン太陽光発電・工事事業

'JAPAN QUALITY'の太陽光EPCで世界に挑戦!

太陽光発電関連設備販売事業を手掛けるエグチホールディングス株式会社は、フィリピンの大手衛星通信会社で、同社のパートナー企業であるWe Are IT Philippines社と共同で、フィリピン共和国の国立銀行、フィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas:以下BSP)屋根への太陽光発電設備の設置工事を5月31日に完成させ、6月14日にBSP本社にて竣工式典を執り行いました。
当事業はPhilippine National Oil Company Renewables Corporation(以下PNOC RC)がフィリピン政府から入札を受託しており、PNOC RCが管理する環境エネルギー事業入札案件としては、日系企業として初の受注致しました。
設置規模はBSPの本店屋根に200kW、造幣局の屋根に400kW、計600kW規模の太陽光発電設備を建設。太陽光発電設備によって発電された電気は全て館内で使用されます。
今回の実績を活かしながら同国ならびにその他ASEAN諸国において、太陽光発電システムやソーラー街路灯システムなどの再生可能エネルギー設備の導入を加速させ、グローバルなインフラ整備に貢献するために、挑戦を続けていきます。

太陽光の公共工事としては日系企業として初の受注!

■発電所概要
建設場所   : フィリピン共和国マニラ市、ケソン市
パネル設置枚数: 約2,250枚(2現場合計)
発電規模   : 約600kW(2現場合計)
工事開始   : 2017年4月中旬(60日で完成)
運用開始   : 2017年7月10日

【フィリピン中央銀行本社200kW】
施設名称:Bangko Sentral ng Pilipinas, EDPC Building.
住所:BSP Complex, Mabini St, Malate, Manila, 1004 Metro Manila, フィリピン

【フィリピン中央銀行造幣局400kW】
施設名称:Bangko Sentral ng Pilipinas, Security Plant Complex
住所:1104 East Ave, Diliman, Quezon City, Metro Manila, フィリピン

工期厳守 EPC(設計、調達、建設) 日本人監督を現地へ派遣 再生可能エネルギーの可能性に挑戦し社会へ貢献いたします。