人気の離島、宮古島!宮古島の基本情報をチェック!

与那覇前浜ビーチ

与那覇前浜ビーチ

リゾートや移住の地として人気が上昇している離島。そのなかでも沖縄県の「宮古島」は、人気が高い離島のひとつです。ホテルやヴィラ、ビーチ、テーマパークなど魅力的な観光スポットも多く、本土から飛行機の直行便も出ているなど、今やとても「身近」でさえある宮古島。

 
今回は人気の宮古島について、その基本情報をお届けします! せっかく宮古島に行くのなら、どんな島なのか少しでも知っておきたいですね。

 

宮古島ってどんな島?広さや人口などをチェック!

池間大橋

池間大橋

三角形に見える形の宮古島は、沖縄本島から南西におよそ300キロ離れた場所にある離島です。宮古島は「宮古島市」という自治体として構成されています。そこで「宮古島市」の情報についても交えながら、宮古島の基本情報をチェックしていきましょう。

 

「宮古島市」はどんな市?広さや人口は?

ここで「宮古島市」について少しご紹介します。宮古島市は「宮古島」を中心に、「伊良部島」「池間島」「下地島」「来間島」「大神島」で構成されている自治体。宮古島の周囲には、大小さまざまな離島が存在しているのです。

 
宮古島市の人口はおよそ5万1千人。総面積は204平方kmほどあり、そのほとんどを宮古島が占めています。宮古島は、およそ159平方kmの広さ。宮古島に次いで大きいのは伊良部島ですが、およそ29平方kmと宮古島の5分の1ほどしかありません。

 
なお、多くの人々が宮古島市役所を中心とした平良地区に住んでいます。ちなみに、那覇市の人口がおよそ317,000人ですので、離島の人口の少なさが伝わってきますね。

 
※人口については2019年4月1日現在、沖縄県企画部統計課が公開しているデータに基づいています。

 

宮古島はどんな自然環境?

宮古島の自然環境は、高温多湿の亜熱帯海洋性気候。湿度は高いものの、冬は暖かく、夏は海風による涼しささえ感じる気候です。年間の平均気温が23度ですので、どのシーズンも過ごしやすそうな島ですね。

 
島内には高い山がなく、平坦な地形が大半を占めています。飲用水に適した大きさの川もないため、生活に必要な水は地下水を利用しているのだそう。本土では大きな川や湖があり、それらの水を飲用水として利用していることを考えると、離島と本土との違いを感じますね。

 
また、美しい海とビーチ、そして珊瑚礁で知られる宮古島。シュノーケリングなどを楽しむ人々が多いことでも知られます。

 

気になる宮古島の交通事情!公共の交通機関は?

沖縄に電車がないことは有名なお話ですね。では、宮古島の交通事情はどうなっているのでしょうか。

 
宮古島にも当然、電車はありません。空港は「宮古空港」と「下地島空港(みやこ下地島空港)」の2つがあります。羽田空港と中部国際空港、関西空港から直行便もあるなど、空路はとても便利。

 
陸路では、タクシーと3種類の路線バスが大活躍します。もちろんレンタカー会社も複数ありますので、自分で運転して宮古島を観光することもOK! 「宮古島市」は6つの島で構成されていますが、そのうち大神島以外は橋を渡って移動できます。

  • 池間島……池間大橋
  • 伊良部島、下地島……伊良部大橋
  • 来間島……来間大橋
  • 大神島のみ陸路なし、島尻港から船で移動

 

リゾートに移住に、根強い人気の宮古島!

下地島空港

下地島空港

宮古島の基本情報をご紹介いたしましたが、平地が多く年間を通して過ごしやすい気温、市内の島への交通も便利など、離島とは思えないほどの環境が整っています。「宮古島市」としては空港が2つもあり、本土からの直行便もあるという恵まれた環境も嬉しいですね。

 
離島というだけあって、大きな島ではなく、人口も多くありません。いっぽうで観光スポットやホテルやヴィラ、不動産なども多く、リゾート地や移住地として、多くの人々から根強い人気のある宮古島。宮古島はこれからも要注目の離島です。

 
<参考資料>
宮古島市ホームページ
沖縄県ホームページ
沖縄県統計資料WEBサイト(沖縄県企画部統計課)

banmenpc_720x300