バリ島へ行くならレンボンガン島も楽しみたい!

レンボンガン島:海

レンボンガン島:海


インドネシアのバリ島は観光や移住、不動産投資など、さまざまな方面で世界中から注目を集めています。もちろん日本から訪れる観光客も多く、大型連休のバカンスや、海外ウェディングなどで訪れるケースが見られます。

 
そんなバリ島ですが、近隣の島とアイランドホッピングができることでも知られ、とくに「レンボンガン島」は要注目。バリ島観光の日程に余裕があれば、ぜひレンボンガン島にも立ち寄ってみたいところです。そこで今回は、バリ島にほど近いレンボンガン島についてご紹介します!

 
関連記事:バリ島でアイランドホッピング!バリ島から日帰りで行ける離島3選

 

レンボンガン島とは?おすすめの楽しみ方もチェック!

レンボンガン島はバリ島の隣、デンパサルからちょうど東にある離島です。住民は5,000人ほどしかいない大変小さな島で、バリ島からは船で30~40分ほど。日帰りで行ける距離ということもあり、バリ島からの多くのアイランドホッピングツアーに組み込まれています。

 

レンボンガン島での楽しみ方

気になるのは、レンボンガン島で何ができるのかということではないでしょうか。バリ島から近いということで、海が美しいというのは容易に想像できることでしょう。レンボンガン島ではサンゴ礁が広がり、青い海を存分に楽しめるビーチも複数あります。当然ながら、シュノーケルやダイビングといったアクティビティも可能です。

 
また海だけではなく、島全体の自然も大変魅力的。手つかずの自然が残り、断崖絶壁の「デビルズティアー」といった絶景スポットや、マングローブの森も広がっています。カヤックやスタンドアップパドルボード(SUP)を使って、マングローブの生い茂る森を探索できます。ジャングルクルーズでゆったりと楽しむこともおすすめですよ。

 

レンボンガン島はアイランドホッピングの日帰りだけ?

バリ島とレンボンガン島をセットで楽しむケースはとても多く、アイランドホッピングの日帰りツアーで訪れた経験がある方も少なくありません。しかしレンボンガン島は日帰りだけではなく、宿泊も可能。ホテルやヴィラ、ゲストハウスといったさまざまな宿泊施設があり、なかには大変安い宿泊施設もあります。

 
じっくりとレンボンガン島観光を楽しみたいときは、アイランドホッピングではなく、レンボンガン島での宿泊を目的としたプランを立ててみてはいかがでしょうか。

 

レンボンガン島の通貨や言語は?

レンボンガン島の通貨や言語は、基本的にバリ島と同じだと考えるといいでしょう。通貨はルピア、言語はインドネシア語やバリ語で、観光客が多いため英語が通じる場所もあります。バリ島からのアイランドホッピングで訪れる場合も、バリ島に滞在している延長と考えて大丈夫。レンボンガン島に渡ったことで、突然何かが大きく変化するということはありません。

 

バリ島はもちろん、レンボンガン島も存分に楽しみたい!

レンボンガン島:マングローブ

レンボンガン島:マングローブ


レンボンガン島は小さい島ながらも、心地よく滞在することができる島です。サンゴ礁や海に関するアクティビティ、マングローブ探索など、日本の宮古島を彷彿とさせます。バリ島を楽しむのはもちろん、レンボンガン島も存分に楽しみたいですね。

banmenpc_720x300