バリ島「タンジュン・ベノア(ブノア)」でマリンスポーツを堪能!

resolabo-bali-tanjung-benoa01
日本からも多くの人々が訪れる、インドネシアの「バリ島」。バリ島には観光やショッピングなどを楽しめるエリアがたくさんあり、一度の観光で複数のエリアをまたいで楽しむもよし、ひとつのエリアに集中して楽しむもよし、さまざまなプランが立てられるのも魅力のひとつです。

 
今回は数あるエリアのなかから、「タンジュン・ベノア(ブノア)」エリアにスポットを当ててご紹介します。マリンスポーツを堪能したい方におすすめのエリアです。

 

マリンスポーツを堪能するなら「タンジュン・ベノア」

バリ島を観光で訪れた際の目的には、「寺院巡り」「ショッピング」「世界遺産探訪」などが挙げられると思いますが、「マリンスポーツ」を楽しむ予定の方も多いことでしょう。バリ島はマリンスポーツが盛んで、美しいビーチでさまざまなアクティビティに興じる観光客も少なくありません。「タンジュン・ベノア」は「マリンスポーツならここ!」と言っても過言ではないエリアです。

 

バリ島「タンジュン・ベノア」とは?

バリ島のタンジュン・べノアはデンパサルより南、空港からは東に車で35分ほどの位置にあるエリア。エリアと同じ名前の「タンジュン・べノア・ビーチ」があり、多くのホテルも建ち並びます。ホテルの種類も多く、豪華な旅を楽しみたい方も、できる限りコストカットしたい方も、予算に応じたぴったりのホテルが見つかることでしょう。

 
このエリアを訪れる観光客の大半が、マリンスポーツが目的と言えます。旅行の日程を全てここで過ごすという方も。時には南にあるヌサドゥアエリアや、空港近くのクタエリアまで足を伸ばしてみてもいいですね。マリンスポーツを楽しみながら、周辺のエリアにも足を伸ばしやすいのはタンジュン・ベノアの魅力のひとつです。

 

タンジュン・ベノアで体験できるマリンスポーツは?

マリンスポーツをするために人々が集まるだけあって、タンジュン・ベノアで体験できる種類は実に豊富です。泳ぎが得意な方はもちろんですが、泳げない方も楽しめるマリンスポーツもあるため、家族連れで訪れてみても。

 
シュノーケリングやダイビングやサーフィン、バナナボートやパラセイリングといった、海のアクティビティとして愛好されているマリンスポーツの多くを体験できます。ほかにもフライフィッシュ、オーシャンウォーク、バナナラフティング、ウェイクボード、フライボード……挙げればキリがありません。

 
また、足元がガラス張りで海中を見ることができる「グラスボトムボート」も。泳げない方も、海を存分に楽しめるのがタンジュン・ベノアなのです。もちろんこのエリアには「ビーチクラブ」もありますので、マリンスポーツや食事を楽しみながらゆったりと過ごすことができますよ。

 

マリンスポーツの合間に寺院も楽しんでみては

タンジュン・ベノアはマリンスポーツが盛んですが、しかしバリ島であることには代わりがありません。このエリアにもいくつかの寺院がありますので、海をメインにしつつも寺院へ行くスケジュールを組んでみてもいいですね。

 
バリ・ヒンドゥー教の寺院はもちろんですが、「昭應廟」という中華寺院もあります。商売繁盛の御利益を求めて、お祈りに来る人々も少なくありません。鮮やかな赤が美しい寺院は、一見の価値ありです。

 

バリ島でマリンスポーツを楽しむなら「タンジュン・ベノア(ブノア)」

resolabo-bali-tanjung-benoa02
マリンスポーツが好きな人々から愛されている「タンジュン・ベノア」。日本ではなかなか体験できない種類のマリンスポーツもあり、海を存分に堪能し尽くすことができます。バリ島はビーチが多く、他にもマリンスポーツを楽しめるエリアがありますので、バリ島での目的や旅程などに応じて滞在期間やエリアを決められるといいですね。

 
※2020年5月現在、新型コロナウイルスによる感染拡大の影響で、各国への渡航制限などが求められています。終息後にぜひバリ島へお出かけください。

banmenpc_720x300