ボラカイ島への経由地「パナイ島」とはどんな島?

resolabo-boracay-panay01
フィリピンの離島「ボラカイ島」は、世界有数のビーチを誇るリゾート地。リゾートとしての歴史は浅いですが、日本をはじめ世界中から注目され、多くの人々が訪れている島です。観光だけではなく、不動産投資もおこなわれるなど、小さいながらも活気が溢れています。

 
そんなボラカイ島ですが、ボラカイ島に渡るためには隣の「パナイ島」を経由することになります。このパナイ島も魅力満載の島。ボラカイ島観光のために少しだけ立ち寄ることになりますが、どんな島なのか気になりますよね。そこで今回は「パナイ島」についてご紹介します!

 
関連記事:【マニラ&セブ島ルート】ボラカイ島への行き方をチェック!

 

ボラカイ島のお隣「パナイ島」とはどんな島?

ボラカイ島へ渡るために、マニラやセブ島を経由してパナイ島の空港へ行く必要があります。さらに港から船でボラカイ島に渡ることになるのですが、パナイ島は経由地としてのみではなく、観光することも可能な島。ボラカイ島にスポットが当たりがちですが、パナイ島観光を楽しむ人々も少なくありません。

 
過ごしやすい気候のうえ比較的治安もよく、料理やアクティビティなど多彩な楽しみ方ができる島です。パナイ島は、ボラカイ島と共にじっくりと楽しんでみたい島と言えます。

 

パナイ島は4つの州がある大きな島

 
上の地図では、ボラカイ島がどこにあるのかわからないことでしょう。ボラカイ島は、パナイ島の北西、「マライ」エリアから海を渡った場所にあり、地図で示すと以下の位置になります。

 

 
こうして地図で見ると、パナイ島はボラカイ島よりもはるかに大きな島であることがよくわかるのではないでしょうか。島内には「アクラン州」「イロイロ州」「アンティーケ州」「カピス州」の4つの州があり、フィリピンにある数多くの島のなかでも6番目の大きさを誇っています。空港も多く、なかには海外との玄関口になる国際空港もあります。

 

パナイ島観光では何が楽しめる?

パナイ島の観光では、美しいビーチでのマリンスポーツや、ディナギャン・フェスティバルというお祭り、温泉などを楽しむことができます。また、ボラカイ島だけではなく周囲には小さな島が多く、アイランドホッピングとして立ち寄ってみることも可能です。逆に、ボラカイ島からのアイランドホッピングの際に、パナイ島に立ち寄るというケースも。

 
周囲には魅力的な島が多いですが、マンゴーフェスティバルがおこなわれるギマラス島は、パナイ島観光の際にぜひチェックしておきたい島のひとつです。また世界遺産に登録されている「ミアガオ教会」をはじめ、多くの教会があります。パナイ島は見所満載の島と言って良いでしょう。

 

ボラカイ島と同じくらい、魅力溢れる島「パナイ島」

resolabo-boracay-panay02
ボラカイ島に行くために必ず経由することになる「パナイ島」は、経由地だけに留めておいてはもったいない島です。ボラカイ島観光と一緒に楽しんでもいいですし、パナイ島観光だけを目的に訪れてみることもおすすめします。

 
ボラカイ島とパナイ島はお互いとても近い位置にあり、船で行き来することができます。アイランドホッピングツアーなども活用して、一度の旅行で両方を堪能できるようなプランを考えてみてもいいですね。

banmenpc_720x300