ちょっと気になる旅先の治安【ボラカイ島編】

resolabo-boracay-security01
リゾートや移住、転勤など、さまざまな事情で「これまで住んでいた土地」とは違う土地に行く機会は多くあります。日本国内での移動であったり、海を渡る大移動であったり、その距離は行く先によって大きく変わるもの。違う土地に行く際には、食文化や水、環境や交通の便など、さまざまなことが気に掛かるのではないでしょうか。

 
そのなかにはもちろん、「治安」も含まれることでしょう。とくに海外へ行く際には、なおさら気になるところ。そこで今回は、ちょっと気になる旅先の治安と題して、リゾートや不動産投資で人気の高いフィリピンの「ボラカイ島」にスポットを当ててご紹介します。

 

気になるボラカイ島の治安は?

resolabo-boracay-security02
日本は世界のなかでも治安が良いとされ、落とした財布が手元に戻ったことに驚く外国人も多いそう。そんな日本から一歩外に出れば、日本とは異なる治安や警備態勢などに驚くこともあるでしょう。では、気になるボラカイ島の治安について見ていきましょう。

 

治安が悪いとされるフィリピン、しかしボラカイ島の治安は問題なし

ボラカイ島のあるフィリピンそのものは、治安が悪いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。実際にエリアによっては治安が決して良いとは言えない場所もあるようです。

 
しかしボラカイ島は観光客が安心して過ごせるほど、治安の良い離島です。観光地としての歴史が浅く、ここ数十年前までは現地の人々が穏やかに過ごしていた島。美しいビーチが注目を浴び、一気に観光開発が進んでからはその観光収入で潤っています。

 
穏やかな人々や、美しいビーチを維持するための環境、観光客も含めた人々のマナーなど、さまざまな要素によって治安の良さが保たれています。

 

治安が良くても気をつけたいポイントは?

治安が良いとは言え、無防備でいいというわけではありません。ボラカイ島に住む人々はもちろん、世界中から観光客が集まり、多くの人々が滞在しています。そのため、やはり気をつけておきたいポイントもあります。

  • 荷物を手放さない
  • わからないことがあれば、まずはホテルやツアー会社に確認
  • ぼったくりには気をつける

 
これらは基本中の基本。荷物を手放した隙に、観光客をターゲットにした置き引きに遭遇してしまう可能性もあります。また現地でわからないことがあったり、トラブルに遭遇したり、そんな場合にはホテルや旅行会社に確認するようにしましょう。その場でひとりでなんとかしようとすれば、思いがけないトラブルに発展しかねません。

 
そして、治安が良いボラカイ島にも「ぼったくり」は存在します。とくにバイクタクシーやトライシクルといった、金銭を渡して目的地に連れて行ってもらう乗り物で、ぼったくりが発生するのです。これらの乗り物は、基本的に運賃を事前に交渉し、降りるときに支払う形になっています。しかし、気をつけたいのは事前に交渉ができないケース。

 
事前に交渉できないケースは運賃について決して明確にせず、降りるときに高額な運賃を要求してきます。そういった「ぼったくり」のドライバーはごく一握りですので、可能であればこれもホテルや旅行会社にお願いして手配してもらうといいでしょう。

 

旅先の治安を知ることは、楽しい滞在の第一歩!

resolabo-boracay-security03
今回はボラカイ島の治安についてご紹介しましたが、どんな土地に行くとしても、先に現地の情報を知ることは大切です。事前情報なく行くのも楽しいですが、やはりトラブルなく満喫するならば、ある程度の情報は仕入れておきたいところ。そのひとつが「治安」であることは言うまでもありません。

 
旅先の治安を知ることは、楽しい滞在の第一歩。ボラカイ島へ行く予定のある方は、ぜひ現地の治安を含めた数々の情報を入手してくださいね。

banmenpc_720x300