フィリピン・ボラカイ島の電気事情は?電圧や周波数をチェック!

resolabo-boracay-voltage-hertz01
美しい砂浜のビーチで人気が高い、フィリピンの離島「ボラカイ島」。近年は観光だけではなく、不動産投資などでも注目が高まり、ボラカイ島の知名度が上がってきています。日本からもたくさんの人々がボラカイ島を訪れ、その魅力を満喫しています。

 
前回はバリ島の電気事情についてご紹介しましたが、ボラカイ島も当然ながら日本とは電気事情が異なります。そこで今回はボラカイ島の電気事情をご紹介します! ボラカイ島に行く前には、必ずチェックしてくださいね。

 
関連記事:電圧や停電など、知っておきたいバリ島の電気事情

 

フィリピン・ボラカイ島の電気事情を確認!

resolabo-boracay-voltage-hertz02
日本では電圧が100V、周波数は東が50Hzで西が60Hzという電気事情。日本向けに作られている電化製品は、そのほとんどが東と西の電源周波数に対応しています。

 
周波数については海外でも50Hzや60Hzを使用しているため、あまり気にする必要はありません。しかし電圧やコンセントの形状が、日本とは異なるケースが多くみられます。日本で使っている電化製品を海外で使うには、電圧を変える「変圧器」や、コンセントの形状に合わせるための「プラグアダプター」が必要です。

 
では、フィリピン・ボラカイ島の電圧や周波数、コンセントの形状などは一体どんな内容なのでしょうか。

 

フィリピン・ボラカイ島の電圧と周波数は?

ボラカイ島の電圧は220Vで、周波数は60Hzになっています。これはフィリピン全土で同一のため、ボラカイ島以外のエリアに行く場合にも同じと考えて大丈夫です。日本から電化製品を持ち込む場合、周波数はあまり気にする必要はありません。しかし、持ち込む電化製品が対応している電圧は、必ずチェックするようしましょう。

 
電化製品は、ACアダプターや取り扱い説明書などに、必ず電圧や周波数の情報が記載されています。電圧が「100V~240V」というように、幅広く対応しているものも。上限の電圧が行き先の電圧をカバーしていれば変圧器は必要ありません。フィリピン・ボラカイ島は220Vですから、上限が220V以上あれば大丈夫ということになります。

 
逆に言えば、電化製品が対応している電圧が220Vに満たない場合は、変圧器の用意をしなければなりません。現地に持ち込む電化製品は、全て忘れずに電圧をチェックするようにしましょう。

 

フィリピン・ボラカイ島のコンセントの形状は?

フィリピンではコンセントの形状が3種類あり、日本と同じ「Aタイプ」のほか、「B3タイプ」「Cタイプ」が使われています。そのため日本からボラカイ島に行く場合は、B3タイプとCタイプの「プラグアダプター」が必要になります。

 
日本を発つ前に、滞在先のホテルや施設などのコンセントがどんな形状なのか、可能な限り確認しておくといいでしょう。

 

ボラカイ島に使い慣れた電化製品を持ち込むために!

resolabo-boracay-voltage-hertz03
ボラカイ島は開発の歴史が浅く、電気が通ってからまだ30年も経っていません。便利になったボラカイ島で、便利な道具を存分に使えるのはとても嬉しいことですね。

 
現地の電気事情を確認することは、日本で使い慣れた電化製品を持ち込むためには欠かせない事柄です。ボラカイ島で過ごすひとときをより快適にするために、決して怠ることなく確認しておくようにしましょう。

banmenpc_720x300