西表島にはコンビニがない?西表島での買い物等の注意点


雄大な自然と希少な動植物が生息する「西表島」。沖縄県のなかでもとくに自然の豊かさは目を見張るものがあり、古代からの面影を残すジャングルはもちろん、周辺の美しい海や星空など魅力満載の離島です。

 
西表島を観光などで訪れる方も多いですが、西表島観光は通常の旅行のようにはいかない点も多々あります。たとえば、西表島にはコンビニエンスストアがありません。必要なものがあればコンビニで――という買い物は難しくなるのです。そこで今回は、西表島での買い物等における注意点をご紹介します。

 

西表島で買い物をする場合、気をつけるべきことは?


前述しましたが、西表島にはコンビニエンスストアがありません。沖縄には複数のコンビニチェーンが進出していますが、西表島にはまだ上陸していないのです。買い物をする場合は、地元のスーパーや土産物店、宿泊先の売店などが挙げられます。

 

西表島観光では、商店の場所と営業時間を把握しておく

西表島を観光する際には、宿泊先の最寄りのスーパーや土産物店などの場所と営業時間をしっかり把握しておくことをおすすめします。コンビニがあって当たり前の生活をしていると、コンビニがない環境は思いのほか不便です。

 
西表島に行く際は持ち物を万全にし、お土産や飲食物以外は買うことがないようにしたいところ。とは言え、想定外の買い物が発生する可能性はゼロではありません。いざというときに慌てないように、スーパーなどの情報を把握しておくと良いでしょう。

 

西表島のスーパーを利用する際は、地元の方に配慮を

現地のスーパーでは現地でしか買えないご当地商品があり、思いがけない掘り出し物を発見できることがあります。お土産選びで迷ったときにスーパーに立ち寄ってみたり、最初からご当地商品目当てでスーパーに行くという方も少なくありません。

 
ただスーパーはあくまでも地域の生活を支える商店であり、観光客向けの施設ではないことを忘れないようにしましょう。西表島のスーパーを利用する際には、地元の方への配慮が必要です。買い物をしている方たちの邪魔にならないよう、マナーを守った買い物をするようにしましょう。

 

西表島のキャッシュレス決済&ATM事情は?

いまキャッシュレス決済が浸透しつつありますが、西表島でも同様の動きが見られます。もちろん現金払いのみの商店や宿泊施設などもあるため、とくに宿泊施設では事前確認が必要です。

 
また西表島では金融機関やATMがほとんどなく、あるのは「西表島郵便局」と「西表大原郵便局」のみ。これらの郵便局にはATMがありますが、夜間(※)は利用できなくなるため注意が必要です。

 
※西表島郵便局と西表大原郵便局で、ATMの営業時間が異なります(2021年1月現在)。
西表島郵便局:平日8時45分~19時、土日祝日9時~17時
西表大原郵便局:平日8時45分~18時、土日祝日9時~17時

 

買い物後の注意点:ゴミなどの廃棄物は適切な処理を

買い物をすれば、何らかのゴミが発生することがあります。西表島が属する竹富町でもゴミ出しのルールは細かく設定されていますが、旅行中であれば基本的に宿泊先に確認して処理しましょう。宿泊施設によって対応が異なるケースもあります。またペットボトルなどを対象とした分別用のゴミ箱があれば、きちんと分別に協力するとともに、西表島の外からゴミを持ち込まないようにしましょう。

 
観光先で発生したゴミもきちんと持ち帰ることが原則。これはどの観光地などでも同じことではありますが、とくに西表島などの離島ではゴミに関する問題は深刻で、自然の破壊や生態系への影響にも繋ります。ゴミをジャングルや海に放置したり、道ばたにポイ捨てしたりするようなマナー違反は避け、適切な処理を心がけましょう。

 

西表島の商店事情などを把握して滞在を


沖縄本島や宮古島、石垣島などと比べると、西表島はスーパーを始めとした商店が少なく、コンビニもありません。西表島周辺の小さな離島も同様のため、西表島を中心に観光する際には、現地の商店事情などを把握しておくと便利です。

 
観光する際には、つい現地の観光スポットばかりを調べてしまいがちです。観光スポットだけではなく、現地の商店事情やATMの場所なども確認して、快適に観光をしたいですね。