数多くの滝がある西表島!一度は訪れてみたい滝3選

resolabo-iriomote-waterfall01
沖縄の離島「西表島」は、東洋のガラパゴスと言われています。それは島の9割を占める原生林をはじめ、イリオモテヤマネコといった貴重な生物など、豊かな自然に由来しています。

 
西表島の自然のなかには実に多くの滝があるのをご存じでしょうか。今回は西表島で出会える滝のなかから、ぜひ一度は訪れてみたい滝をピックアップしてご紹介します。

 

西表島の滝は、「滝ツアー」も組まれるほど人気!

resolabo-iriomote-waterfall02
西表島の豊かな自然には多くの川が流れており、マングローブ林もあるなど川だけでも実に魅力満載です。実際に川でカヌーやカヤックを楽むツアーもあるほど。しかし川だけで満足してしまうのはもったいなく、滝にも足を延ばしたいところです。

 
西表島の滝は人気が高く、カヌーなどによる「滝ツアー」も組まれることがあります。滝壺で、そして滝の上で、楽しみ方はさまざま。そんな西表島のなかから「ピナイサーラの滝」「マリユドゥの滝」「水落の滝」をピックアップしてご紹介します。

 

落差55メートル!ピナイサーラの滝


最初にご紹介するのは、「ピナイサーラの滝」です。この滝の落差はおよそ55メートル、沖縄でも最大の落差がある壮大な滝です。西表島を訪れたらぜひその壮大さを体感して欲しいですが、滝に通じる普通の道路はなく、山道を歩いていくルートを辿ります。ピナイサーラの滝へ行くのであれば、ツアーに参加すると良いでしょう。

 
滝壺はもちろん、標高150メートルほどの滝の上にも行くことができます。滝上に行くにはやや体力が必要になりますので、健康に不安のある方やご高齢の方は無理をしないようにしてくださいね。

 

日本の滝100選!マリユドゥの滝


続いてご紹介するのは、日本の滝100選にも選ばれている「マリユドゥの滝」です。浦内川を遊覧船で途中まで行き、30~40分ほど歩けば滝を見ることができる展望台に到着します。とても広くて丸い滝壺と、二段になっている滝が圧巻。落差は16メートルほどです。

 
長時間の徒歩が厳しく滝へ行かない選択をした場合も、遊覧船で川の周囲の景色を存分に楽しむことができます。また、マリユドゥの滝が見える展望台からは、さらに他の滝へと道が続いていますので、興味があり、なおかつ体力に自信のある方は他の滝を目指してみてもいいですね。こちらもツアーを利用するのがおすすめです。

 

ウミガメに会えることも!水落の滝


最後にご紹介するのは、「水落の滝」です。この水落の滝は、カヤックやボートなどでで訪れることができ、そのまま滝の真下で滝の直撃を体験することができます。落差は8メートルほど、三段になっている滝で、船浮湾からカヤックなどで行くツアーがあります。

 
もちろん滝まで行く景色は言うまでもなく絶景で、西表島の大自然を満喫しながら進むことができます。この水落の滝へ行くための船浮湾では、ウミガメに出会える可能性も高いのが魅力のひとつ。もしウミガメと出会ったら、静かに見守ってあげてくださいね。

 

西表島の魅力のひとつ、多彩な滝を存分に楽しんで

resolabo-iriomote-waterfall03
西表島にある数多くの滝のなかから、その一部をご紹介しました。もちろん今回の3つの滝が全てではなく、どの滝も大変個性豊かなものばかりです。滝へ行くツアーに参加する際には、どんな滝が見たいのか、それぞれの特徴をじっくりと比較検討してみてくださね。

 
また2020年現在、新型コロナウィルスの感染状況によっては、ツアーが中止になったり、島への入島に規制が入る可能性が有り得ます。西表島へ行く前には、感染状況や島の対応等をしっかりと確認するようにしましょう。

banmenpc_720x300