【石垣島&西表島】ダークスカイ・パーク「西表石垣国立公園」とは

resolabo-iriomoteishigaki-national-park01
沖縄県は、海だけではなく星空が美しいことでも知られています。以前、「満天の星空や南十字星!宮古島で天体観測を」にて宮古島の天体観測についてご紹介しました。沖縄本島だけではなく、宮古島や石垣島、西表島などの離島においても美しい星空を観測することができます。

 
沖縄を訪れた際には、ぜひ星空も楽しみたいという方も少なくありません。そこで今回は石垣島や西表島にある星空保護区「ダークスカイ・パーク」にスポットを当ててご紹介します。

 

「ダークスカイ・パーク」とは

resolabo-iriomoteishigaki-national-park02
「ダークスカイ・パーク」というものをご存じでしょうか。天文学者や環境学者、照明技術者といったさまざまな分野のメンバーによって構成される国際ダークスカイ協会による「星空保護区認定制度」があり、その5つのカテゴリーのうちのひとつが「ダークスカイ・パーク」です。

 
日本では2018年に初めて星空保護区「ダークスカイ・パーク」に認定された場所があります。それは、沖縄県の「西表石垣国立公園」。石垣島と西表島にある国立公園です。

 

ダークスカイ・パーク「西表石垣国立公園」とは

ダークスカイ・パークの定義は、星空が美しく見える環境と暗い空が保たれているのはもちろん、自然保護の観点からも良質な屋外照明などが使用されているなど、いくつもの条件を満たしている森林公園や自然公園などが対象となっています。

 
日本で初めて認定された「西表石垣国立公園」は、文字通り石垣島と西表島を含む複数の島々と、周辺の海域で構成されている国立公園。日本最南端の国立公園としても知られ、豊かな自然やサンゴ礁、マングローブ林などはもちろん、貴重な生物も多く生息している公園です。

 
自然と触れ合えるだけではなく、シュノーケルやトレッキング、マングローブクルーズなど、さまざまなアクティビティも人気。石垣島や西表島などを訪れる人々の多くが大自然のなかで存分に楽んでいます。公園やその周辺などで天体観測を楽しむ人々も。星空の美しい沖縄のなかでも、とくに素晴らしい景色を楽しめるスポットです。

 

西表石垣国立公園に属する離島や海域は?

前項で石垣島や西表島を含むとお伝えしましたが、西表石垣国立公園は実に広大な国立公園です。竹富島、小浜島、黒島、鳩間島などの多くの島々と、周辺の海域から構成。西表島から少し離れた波照間島なども含まれています。

 

野生生物の保護や、外来生物への対策も

西表石垣国立公園では、星空も含めた自然への保護対策などがおこなわれています。貴重な生物の生態調査や、交通事故防止策、外来種の侵入防止や既存の外来種への数々の対策も日々進められているのです。

 
西表石垣国立公園はもちろんですが、周囲の島々などを訪れたり転入したりする際には、観光客や転入者側も気をつけなければなりません。「外来生物」となる動植物や生物を持ち込まないように、ペットを逃がしてしまわないように、しっかりと意識することが大切です。

 

「星空」と「自然」を守る西表石垣国立公園

resolabo-iriomoteishigaki-national-park03
ダークスカイ・パークに認定されている、西表石垣国立公園。暗い夜空と星空を維持するのは容易なことではなく、西表石垣国立公園の認定は暫定的なもの。周囲の屋外照明による影響は光害がないように、屋外照明の改修が進められています。

 
星空だけではなく、豊かな自然も守る西表石垣国立公園。訪れた際には、星空も自然も存分に満喫してみてはいかがでしょうか。もちろん、公園をはじめとする現地の自然や星空に影響のないよう、配慮できると良いですね。

banmenpc_720x300