石垣島で桜を見るならいつ頃がベスト?おすすめスポットも紹介


沖縄の八重山列島に属する「石垣島」は、観光地としても人気が高い離島です。石垣島・沖縄と言えばやはり夏のリゾート地というイメージが強いのではないでしょうか。しかし年間を通して楽しめるアクティビティや観光スポットも多く、夏に限らず訪れたい場所でもあります。

 
夏以外に訪れるとなると、季節ごとの見所が気になりますね。たとえば「春であれば桜が見たい」と考える方も多いことでしょう。本州などでは「ソメイヨシノ」が主流ですが、石垣島の桜事情はどうなのでしょうか。そこで今回は、石垣島の桜のシーズンやおすすめスポットをご紹介いたします。

 
関連記事:宮古島の「桜」の季節はいつ?沖縄の桜事情を解説!

 

石垣島の桜のシーズンは?おすすめスポットもチェック!


石垣島をはじめ沖縄県内では、「ソメイヨシノ」ではなく「カンヒザクラ(寒緋桜・※)」が主流です。ソメイヨシノではない理由は、沖縄では「寒さ」がなくソメイヨシノの開花条件が揃わないことによります。そのため、沖縄で見られる桜は日本の他の地域とは異なるのです。

 
ソメイヨシノは3月から4月に開花するため、春という印象がとても強い花です。しかし「カンヒザクラ(寒緋桜)」は1月中旬から2月中旬が見頃。春ではなく、冬がベストシーズンです。シーズン中には、可愛らしいピンクの花を楽しむことができます。

 
※「ヒカンザクラ(緋寒桜)」とも呼ばれています

 

石垣島でカンヒザクラを楽しむならどこがおすすめ?

石垣島でカンヒザクラを楽しむのであれば、「バンナ公園」や「荒川のカンヒザクラ自生地」がおすすめ。「バンナ公園」はとても広くいくつものゾーンに分かれていますが、カンヒザクラはCゾーンで咲いています。カンヒザクラを楽しむだけではなく、公園内をじっくりと散策・探索するのもおすすめです。

 

また「荒川のカンヒザクラ自生地」においては、300本のカンヒザクラが荒川の上流に自生。国指定天然記念物としても知られています。周囲には観光スポットも多く、カンヒザクラ鑑賞とともに周辺エリアを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

「カンヒザクラ」のシーズン、冬の石垣島の楽しみ方

石垣島でカンヒザクラが楽しめるのは1月中旬~2月中旬、季節は「冬」です。カンヒザクラを見るために現地へ行く場合、気になるのは冬の石垣島の楽しみ方ではないでしょうか。

 
冬の石垣島は比較的過ごしやすい気候であると同時に観光客も少なく、旅費等もお得になる特徴があります。シュノーケリングやカヌー、マングローブツアーや天体観測など、夏と同様のアクティビティも可能。さすがに海水浴はできませんが、前述したアクティビティなどで海に入ったり、石垣島の自然や美しい星空を楽しんだりと、冬でもしっかりと石垣島を楽しめます。

 
他の季節と違う点と言えば、美しいカンヒザクラを鑑賞できること。カンヒザクラの観賞をメインに、冬の石垣島を満喫しても良いですね。

 

一度は見たい、石垣島を彩る「カンヒザクラ」!


ソメイヨシノとは異なる魅力があるカンヒザクラ。石垣島を彩る、冬の風物詩でもあります。夏以外に石垣島を訪れるのであれば、ぜひこのカンヒザクラのシーズンを選んでみてはいかがでしょうか。