石垣島で楽しみたい!動植物などと触れ合える施設をチェック


離島観光の人気スポットとして、多くの観光客が訪れる沖縄県の「石垣島」。石垣島には海や自然、アクティビティなど、じっくりと楽しめる要素があふれています。石垣島の観光スポットは数多くありますが、動植物と触れ合える施設もおすすめ。そこで今回は、石垣島を訪れたらぜひ楽しみたい、動植物などと触れ合える施設にスポットを当ててご紹介いたします。

 

石垣島で動植物と触れ合いたい!3施設を紹介

石垣島:石垣やいま村


今回ご紹介するのは、「石垣やいま村」と「バンナ公園」、「Dolphin Fantasy石垣島」の3施設。石垣島の特色を活かした、石垣島ならではの楽しみ方ができる施設です。動植物との触れ合いとともに、石垣島の自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

 

リスザルと触れ合える!「石垣やいま村」

最初にご紹介するのは、石垣市名蔵にある「石垣やいま村」です。やいま村は石垣島観光における人気スポットのひとつ。老若男女問わず楽しめる施設として、多くの観光客が訪れています。

 
やいま村には「リスザルの森」があり、ボリビアリスザル(中南米原産)を飼育。飼育状況は自然にとても近い環境のため、のびのびと過ごすリスザルとの触れ合いを楽しめます。リスザルのエサも販売(※)されており、エサを食べる様子を間近で見ることも可能。ご家族連れにもおすすめです。

 
※新型コロナウイルス感染防止のため、2022年1月現在は中止

 

石垣島の自然が凝縮!「バンナ公園」

続いてご紹介するのは、石垣島の自然が凝縮されたような公園「バンナ公園」です。石垣市石垣のバンナ岳にある公園で、地元の人々からも愛されています。山のなかにあるため自然が多いほか、海も見えるという景観の良さから展望台も多く、観光客からも人気があります。

 
このバンナ公園はAゾーンからEゾーンの5つのゾーンに分かれています。公園内には森林散策広場や水鳥観察所、「世界の昆虫館」、ホタル街道など、実に多くの自然や動植物と触れ合えるエリアが充実。子どもが遊ぶエリアもあるため、じっくりと楽しめます。

 
また石垣島内に5つあるダムのうちのひとつ、琉球政府の時代に建設された「石垣ダム」もあるなど、大変興味深い視点も得られる公園です。

 

イルカと遊べる体験型施設!「ドルフィンファンタジー石垣島」

最後にご紹介するのは、石垣市八島町にある「ドルフィンファンタジー石垣島」です。施設の名称のとおり、イルカと触れ合える施設として人気があります。

 
イルカと一緒に泳ぐ「ドルフィンスイム」のほか、イルカウォッチング(7月~9月は開催せず)や、泳げない人でも安心の触れ合い体験も可能。1日の回数と定員が決まっているため、事前予約が必要です。基本的には雨天決行で、ドルフィンスイムなどに必要な装備の無料レンタルもしています。イルカと存分に触れ合える。おすすめの石垣島観光スポットです。

 

石垣島の自然を満喫しながら、動植物との触れ合いを!

石垣島:バンナ公園


ご紹介した3施設は、石垣島の自然を楽しめるほか、動植物との触れ合いを通してさまざまな学びも得られます。大人だけの観光で立ち寄るのはもちろんですが、お子さんとともにご家族で立ち寄るのもおすすめ。石垣島ならではの環境や、石垣島だからこそできること、他ではなかなかできない体験などがあります。石垣島を訪れる際には、ぜひ観光ルートに入れてみてはいかがでしょうか。