宮古島を車で観光!宮古島ドライブの注意点をチェック


沖縄の離島「宮古島」は、観光や不動産投資などで近年注目を集めています。環境も良く、美しい海や周辺の離島へ渡る橋があるなど、魅力あふれる宮古島。そんな宮古島では、レンタカーを使って観光をするという観光客も少なくなく、空港周辺にはレンタカー業者も多く見られます。そこで今回は宮古島でドライブをする際に、注意したいポイントについてご紹介します。

 
関連記事:宮古島観光をレンタカーで!レンタカーを借りる際の注意点をチェック

 

車でぐるりと回れる宮古島!ドライブの注意点は?


宮古島は車でぐるりと回ることができるため、観光がてらのドライブを好む方も多いことでしょう。本州などとは交通機関の事情が異なるため、車での移動が大変便利であることも理由のひとつです。

 
しかし、観光だからと開放感に浸り、自由気ままなドライブは事故やトラブル、そして島の人々への迷惑の元になりかねません。車で島を巡る際、どんな点を注意するべきか、順番に見ていきましょう。

 

宮古島でドライブ!ガソリンスタンドの事前確認を

宮古島でドライブをする際、レンタカーを利用する方も多いことでしょう。レンタカーを返却する際、ガソリンを満タンにしておく必要があるケースが見られます。

 
いざガソリンを入れようと思ったときに、ガソリンスタンドが見つからない――そんな事態を回避するため、ガソリンスタンドの場所は事前に確認しておくようにしましょう。できればレンタカーを返す場所の近く、観光で訪れるエリア、宿泊先の近くなど、数カ所確認しておきたいところです。

 

宮古島でドライブ!島の人々の運転や、動きをよく見て

宮古島に限らず、運転には地方ごとの特色が見られます。宮古島をはじめとした沖縄も同様で、ゆっくり走っている車や、ウインカーを出さない車などが見られるケースも。決してイライラしたりせず、あおり運転ももってのほか。島の人々の運転をよく見て、事故のないように運転するようにしましょう。

 
また島の人々の様子や動きもよく見るようにしましょう。歩行者はもちろんですが、夜間は飲酒をした人々が路上を歩いていたり、寝ていたりすることも。夜間は昼間よりもスピードを落とすなど、より注意が必要です。

 

宮古島でドライブ!一方通行や見通しの悪い道路に注意

宮古島には一方通行や見通しの悪い道路があります。また幅が狭い道路も珍しくはなく、運転のしにくさを感じることも。道路の状況をよく見ることはもちろんですが、無理のない運転を心がけ、見通しの悪い場所などでは徐行や一時停止を心がけるなど、交通ルールに則った安全運転が大切です。

 
またサトウキビなどの畑がある場合、作物で交差点の様子がよく見えない可能性があります。畑があるエリアを車で走るときには、急な飛び出しや死角を意識するようにしましょう。

 

宮古島でドライブ!駐停車する場所を確認

美しい景色が多い宮古島では、観光スポットや絶景スポットなどでつい車を停めて写真を撮影したりしてしまいがちです。しかし駐停車が禁止されている場所が多いほか、道幅が狭いなど駐停車することで迷惑となってしまう場所も少なくありません。

 
つい「ここで写真を撮りたい」という気持ちになってしまっても、まずは落ち着いて、近くに駐車場がないか、車を停められる場所はないか確認するようにしましょう。事前に目的地周辺の駐車場や、駐停車禁止状況なども確認できるといいですね。

 
また見落としがちなのが、橋の上です。周囲の離島と宮古島をつなぐ大橋の途中で駐停車し、景色を眺めるケースが少なくありません。しかし橋の上は駐停車禁止になっているため、橋の途中での景色を楽しみたい場合は、橋を渡る前か、渡りきってから駐車場に駐車し、徒歩で橋を渡って楽しむようにしましょう。

 

注意点はもちろん交通ルールも守り、宮古島で快適なドライブを!


宮古島でドライブをする際の注意点をご紹介いたしました。当然のことではありますが、注意点を守る前に交通ルールを守ることが大前提です。制限速度や駐停車禁止、一方通行など、見知らぬ土地ゆえに、つい交通標識を見逃してしまうかもしれません。常に気を引き締めて、運転することが大切です。

 
宮古島でのドライブにおける注意点や交通ルールをしっかりと守り、安全運転を心がけて、宮古島でのひとときを快適に過ごしたいですね。