宮古島の「宮古ブルー」を存分に堪能!池間島の魅力とは

池間島:池間大橋

池間島:池間大橋


沖縄県の「宮古島」は、「宮古ブルー」と呼ばれる美しい海を持つ離島です。リゾートや不動産投資、移住など、さまざまな方面からの注目度も高く、いま日本のなかで最も活気のある離島とも言えるのではないでしょうか。

 
そんな宮古島ですが、「宮古島市」という自治体を構成する島のひとつ。他には伊良部島や池間島などの離島も、「宮古島」を構成しています。どの島も宮古島から近く、橋で繋がっているケースも。

 
そこで今回は、池間大橋で宮古島と繋がっている、「池間島」の魅力についてご紹介します!

 
<関連記事>
宮古島の海上を行く!伊良部大橋・池間大橋・来間大橋で絶景を満喫!
日本最大級のサンゴ礁!宮古島の「八重干瀬(やびじ)」とは?

 

池間島は、宮古島の美しい海を堪能できる!

池間島:「八重干瀬」のサンゴ礁

池間島:「八重干瀬」のサンゴ礁


宮古島の「宮古ブルー」と呼ばれる海は、透明度の高さと美しい青がとても魅力的です。また宮古島の海には、「八重干瀬(やびじ)」と呼ばれるサンゴ礁も。それらを堪能できるのが、宮古島の北西にあり「池間大橋」で繋がっている池間島です。

 

【池間島の魅力その1】宮古ブルーを堪能できる池間大橋


宮古島とを繋ぐ池間大橋は、池間島の魅力のひとつ。ゆったりと渡ることができる池間大橋は、宮古ブルーの海を堪能するのにぴったりです。橋の上から、美しい海を存分に眺めてみてはいかがでしょうか。泳いだり、ビーチで眺めるのとはまた違った表情の海を楽しめます。

 

【池間島の魅力その2】日本最大級のサンゴ礁を堪能!

池間島の魅力として外せないのが、池間島の東に広がる日本最大級とされるサンゴ礁「八重干瀬(やびじ)」です。地元では「幻の大陸」とも呼ばれ、古くから宮古島の人々に愛され続けてきました。宮古ブルーの海を楽しむなら、ぜひこの「八重干瀬」も楽しみたいところです。
 

この「八重干瀬」は、ツアー船によって海上から眺めることができるほか、シュノーケリングなどで海中から鑑賞することもできます。宮古島からのツアーはもちろん、池間島からのツアーもあるため、池間島に渡ってからサンゴ礁を楽しむといったプランもおすすめです。

 
※沖縄県ではサンゴ礁の保全のため、サンゴ類の採取等を禁止しています。「八重干瀬」のサンゴを折ったり傷を付けたり、海中のサンゴやビーチに落ちているサンゴを持ち帰るなどの行為は、全て禁止されています。

 

【池間島の魅力その3】個性あふれるビーチの数々!


池間島も、宮古島と同様にいくつものビーチがあります。なかには個性あふれるビーチも。池間島に渡ったら、そんな個性あふれるビーチでゆったりと海を楽しんでみるのもおすすめです。

 
通称「池間ロープ」と呼ばれる「カギンミビーチ」は、5メートルほどのガケをロープを使って下っていくというビーチ。最高の宮古ブルーを堪能でき、シュノーケリングスポットとしても愛されています。サンゴ礁も楽しめます。

 

また「ハート岩」を目的に訪れるという方も多い「イキヅービーチ」は、NHKの朝ドラの舞台になったことでも注目を集めています。干潮のときだけ見られる、「ハート岩」を狙ってみてはいかがでしょうか。

 

魅力的なスポットがあふれる池間島を、存分に堪能!

池間島:「イキヅービーチ」の「ハート岩」

池間島:「イキヅービーチ」の「ハート岩」


今回ご紹介した以外にも、池間島のシンボルとされる「池間灯台」を始め、さまざまな魅力的なスポットがあります。もちろん宿泊施設もありますので、池間島を中心に観光してみても。

 
また宮古島と池間島のあいだは1.5キロほどしかないため、車や自転車、徒歩などさまざまな方法で渡ることができます。宮古島から少し足を伸ばして池間島に、そんな観光も可能な島。美しい海やサンゴ礁も楽しむなら、池間島への観光ルートも取り入れて、堪能してみてはいかがでしょうか。

banmenpc_720x300