宮古島のソウルフード!「宮古そば」の魅力を紹介!

resolabo-miyakojima-miyakosoba01
沖縄には「ソーキそば」に代表される「沖縄そば」という麺料理があります。この沖縄そばはトッピングや地域によって見た目や名称が異なることがあり、宮古島にある「宮古そば」もそのひとつです。

 
宮古島の人々にとって、ソウルフードとも言える宮古そば。宮古島を訪れた観光客などにも、宮古そばは愛されています。では宮古そばとは一体どんな食べ物なのでしょうか。今回や宮古そばにスポットを当ててご紹介します。

 

「宮古そば」とは一体どんな食べ物?

resolabo-miyakojima-miyakosoba02
宮古島に観光などで訪れた際、宮古そばを初めて注文して驚いた方も少なくないのではないでしょうか。麺の上に刻みネギ以外は何も乗っていない、素うどんのようなシンプルな見た目をしているのが宮古そばの大きな特徴です。いまは具材が乗った状態で提供するお店も増えています。

 

「宮古そば」は麺の下に具材が隠れている

宮古そばをオーダーして具材が上に乗っていないものが出てきた場合、具材は麺の下に隠れています。具材は三枚肉と、宮古島独自の波打った形状のかまぼこという大変シンプルなもの。麺はストレートかつ油処理された平麺で、小麦粉と塩水とかんすいで作られています。あっさりとしつつも風味豊かなスープと共に楽しみます。

 
具材が隠れている理由には諸説あり、貧しさを印象付けるためだとか、具を温かい状態に保つためだとか、さまざまな説が。どの説も説得力のあるもので、宮古そばの歴史に対して想像力がかき立てられるものばかりです。

 

テーブルにカレー粉があれば試したい、「宮古そば」の食べ方とは

宮古そばを楽しめるお店は多くありますが、なかにはテーブルにカレー粉が置いてあるお店も。たとえば飲食店でテーブルに置かれた調味料と言えば、醤油や唐辛子、胡椒などが代表的で、カレー粉はまず見かけないですし、そもそも使い道が思い浮かばないことでしょう。

 
宮古そばのお店のテーブルに置かれているカレー粉は、宮古そばのために置かれています。宮古そばにカレー粉を入れることで、カレー味の宮古そばを楽しめるのです。通常のあっさりとした宮古そばを味わい、途中で味を変えてもう一度楽しむ、一杯で二種類の宮古そばを堪能できるというわけですね。

 

「宮古そば」と「ソーキそば」との違いは?

沖縄と言えばソーキそば、というイメージがある方も多いのではないでしょうか。宮古島で食べられる宮古そばと、ソーキそばには大きく異なる特徴があります。宮古そばは前出のとおり三枚肉とかまぼこを使用。これは一般的な沖縄そばも、同様の具材です。

 
いっぽうソーキそばは、トッピングに黒糖や醤油、泡盛などで甘辛く味をつけたスペアリブを使用したもの。このスペアリブを「ソーキ」と読んでいるため、沖縄そばにソーキを乗せたものが「ソーキそば」と呼ばれ、親しまれています。

 
そのほか、「てびちそば」や「あーさそば」、「八重山そば」など、トッピングや地域によってさまざまなスタイルの沖縄そばがあるんですよ。ソーキそばだけでも、「軟骨ソーキそば」があるなどバリエーションも。宮古そばをはじめ、沖縄そばは大変奥が深い、沖縄全土の郷土料理と言っても良いでしょう。

 

宮古島を訪れたら「宮古そば」を一度は楽しみたい!

resolabo-miyakojima-miyakosoba03
宮古島で楽しめるグルメには多彩なものがあります。宮古牛やマンゴーなど、華やかな印象があるものも少なくありません。しかし一度は、宮古島のソウルフードである「宮古そば」を楽しんでみてはいかがでしょうか。お店ごとに特徴があるので、食べ比べをしてみるのもおすすめです。

banmenpc_720x300