宮古島で遊びも学びも堪能し尽くす!おすすめ施設3選

宮古島:まいぱり宮古島熱帯果樹園

宮古島:まいぱり宮古島熱帯果樹園


リゾートや不動産投資などで注目を浴びる「宮古島」には、青く美しい海やサンゴ礁、マングローブ林や豊かな自然などさまざまな見所があります。レンタカーやレンタサイクル、観光タクシーなどさまざまな手段で島中を巡り、隣の伊良部島や来間島などにも足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。

 
宮古島には観光施設が数多くありますが、なかには遊びも学びも堪能できる施設も。今回はそんな施設のなかから、3施設を厳選してご紹介します。

 

宮古島をより深く知るために!観光施設をじっくり堪能

宮古島:宮古島地下ダム資料館(地下ダムのひとつ、福里地下ダム)

宮古島:宮古島地下ダム資料館(地下ダムのひとつ、福里地下ダム)


宮古島で楽しめる観光施設は、海に関するものや伝統文化に関するもの、現地の自然や動植物に関するものなど、実にバリエーション豊か。宮古島でしか味わえない経験もたくさんあります。

 
今回ご紹介するのは、「まいぱり宮古島熱帯果樹園」「宮古島地下ダム資料館」「雪塩ミュージアム」の3施設。どの施設も宮古島をより深く知ることができすおすすめ施設です。

 

まいぱり宮古島熱帯果樹園


最初にご紹介するのは、与那覇前浜の近くにある「まいぱり宮古島熱帯果樹園」です。園内はカートで見学することができ、宮古島特産のマンゴーはもちろん、バナナ畑やパイナップル畑、アカヤシの群生林などを楽しめます。

 
ヤギや宮古馬などとも触れあうことができるため、ファミリー層にもおすすめ。園内で栽培しているキャベツや人参などの収穫も体験できます。

まいぱり宮古島熱帯果樹園 詳細情報

所在地:〒906-0305 沖縄県宮古島市下地字与那覇1210
TEL :0980-74-7830
FAX :0980-76-3160
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日
入園料:大人(中学生以上)610円、子ども(小学生)310円、小学生未満無料
トロピカルガイドツアー:大人1,220円、子ども610円(各入園料込み)

 

宮古島地下ダム資料館


続いてご紹介するのは、城辺福里にある「宮古島地下ダム資料館」。ダムというだけあって、水力発電を想像する方も多いのではないでしょうか。この宮古島の地下ダムは、全く別の目的、それも宮古島だからこそと言える目的で作られています。

 
宮古島には透水性の高い石灰岩(帯水層)と、透水性の低い島尻層群(不透水層)があり、雨などによる水は海に流れ出る構造になっています。しかし、その水を地下でせき止めて農業用などに利用したのが、宮古島の地下ダムなのです。地下ダムの構造など詳しい解説を、映像や案内板などで学ぶことができます。

宮古島地下ダム資料館 詳細情報

所在地:〒906-0103 宮古島市城辺字福里1645-8
TEL:0980-77-7547
営業時間:【4月~9月】9:30~18:15、【10月~3月】8:30~17:15
定休日:月曜日
料金:一般300円、高校生・大学生200円、小・中学生100円、団体はそれぞれ50円引き

 

雪塩ミュージアム


最後にご紹介するのは、平良にある「雪塩ミュージアム」です。このミュージアムは「雪塩製塩所」に併設している施設。「雪塩」とは、宮古島の美しい海からくみ上げた地下海水を使って作られた塩のことです。宮古島では人気があり、雪塩をお土産にする観光客も少なくありません。

 
雪塩ミュージアムでは、「雪塩」の製造工程や、宮古島についてなど、多彩なことを学べます。雪塩を使ったソフトクリームも人気が高く、ぜひ味わいたい一品です。

雪塩ミュージアム 詳細情報

所在地:〒906-0002 宮古島市平良字狩俣191
TEL:0980-72-5667
営業時間:【4~9月】9:00~18:30、【10月~3月】9:00~17:00
定休日:年中無休(工場が稼働していない日もあり)

 

学びながら遊んで、宮古島を堪能し尽くす!

宮古島:雪塩ミュージアム(雪塩製塩所)

宮古島:雪塩ミュージアム(雪塩製塩所)


観光の場合、宮古島を存分に堪能し尽くすには、一日や二日では足りません。だからこそ、行き先を決めたらそこをしっかりと満喫したいものです。今回ご紹介した3施設も、学びあり遊びありと、さまざまな視点で楽しむことができ、宮古島そのものをより深く知ることができる施設です。

 
宮古島で観光施設などのスポットを訪れた際には、それぞれの場所をしっかりと堪能して、最高の思い出を残せるといいですね。

banmenpc_720x300