雨の日でも宮古島をしっかり堪能!雨でも楽しめるスポット3選

宮古島:島の駅みやこ

宮古島:島の駅みやこ


沖縄で人気の高い離島「宮古島」は、宮古ブルーの海が美しいため、ビーチなどでのアクティビティを目的にしている方も少なくありません。しかしいつも天気がいいわけではなく、もちろん雨が降ってしまう日も。

 
旅行などで宮古島を訪れた際に雨が降ってしまうと、予定を変更せざるを得なくなってしまうケースも有り得ます。そこで今回は、雨が降っても宮古島を楽しめるスポットをピックアップしてご紹介します!

 

宮古島は雨でも面白い!宮古島をしっかり堪能できるスポットは?

resolabo-miyakojima-rainy-day02

宮古島:宮古島市体験工芸村


宮古島にはビーチ以外にも多くの観光スポットがあり、天気を気にせず楽しめる屋内タイプのスポットも数多くあります。今回はそのなかから、「ユートピアファーム宮古島」「島の駅みやこ」「宮古島市体験工芸村」をご紹介します。

 

トロピカルフルーツを堪能!「ユートピアファーム宮古島」

まずご紹介するのは、上野字宮国にある「ユートピアファーム宮古島」です。この施設では、マンゴーを始めとしたトロピカルフルーツ、ブーゲンビレアや250種以上のハイビスカスなどの植物を栽培しています。

 
「マンゴー園」「フラワー園」「フルーツ園」の3種類の農園を見学できるほか、フルーツパーラーではフルーツはもちろん、スイーツや軽食なども堪能できます。宮古空港からは車で10分から15分ほどというアクセスの良さも魅力です。

ユートピアファーム宮古島 詳細情報

所在地:〒906-0203 沖縄県宮古島市上野字宮国1714-2
TEL:0980-76-2949
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜日
料金:360円、中学生以下は無料

 

「島の駅みやこ」で凝縮された宮古島を堪能し尽くす!

続いてご紹介するのは、宮古空港から車でおよそ10分、平良字久貝にある「島の駅みやこ」です。「わくわく宮古宝島!」をキャッチフレーズにしている「島の駅みやこ」では、美味しいものを楽しみながら、宮古島の魅力や文化を感じることができます。

 
農産物や加工品、調味料や雪塩関連の商品など、宮古島を感じさせるアイテムが数多く揃っています。宮古島のグルメもお土産も、この「島の駅みやこ」でしっかり堪能し尽くせるおすすめのスポットです。

島の駅みやこ 詳細情報

所在地:〒906-0015 沖縄県宮古島市平良字久貝870-1
TEL:0980-79-5151
営業時間:9:00~19:00
定休日:年中無休

 

手作りのお土産を作れる!「宮古島市体験工芸村」

最後にご紹介するのは、藍染め体験やシーサー作り、貝細工などさまざまな工芸の手作り体験ができる「宮古島市体験工芸村」です。「宮古島市熱帯植物園」のなかにあり、手作り体験のほかに郷土料理も堪能できるスポット。宮古空港から車で10分ほどで到着します。

 
宮古島のお土産を自分で作ることができるため、とても思い出に残ります。作った工芸品は、大切な人にあげるのはもちろん、自分自身へのお土産にしてもいいですね。ファミリーでも楽しめるので、お子様連れの方にもおすすめです。

宮古島市体験工芸村 詳細情報

所在地:〒906-0011 沖縄県宮古島市平良東仲宗根添1166-286
TEL:0980-73-4111
営業時間:10:00~18:00
定休日:工房によって異なります。

 

雨でも宮古島の魅力を堪能できるスポットは盛りだくさん!

宮古島の特産品・マンゴー

宮古島の特産品・マンゴー


今回は3スポットをご紹介しましたが、宮古島の屋内タイプの観光スポットはとても多く、雨の日でも存分に宮古島の魅力を楽しめます。

また、屋内スポットだけではなく、雨の量によってはダイビングもできますし、マングローブ林を始めとした宮古島の自然を敢えて雨の日に楽しむのもおすすめです。雨の日だからこそ見られる、宮古島の「表情」を探してみてもいいですね。

台風や嵐などの荒天ではない限り、宮古島の楽しみ方は無限大。スマホなどのツールも最大限に活用して、雨の日の宮古島を堪能し尽くしてくださいね。

banmenpc_720x300