【SDGs】SDGsに欠かせないワード「5つのP」とは


2030年のゴールに向かって、17種類の目標を掲げて世界中で取り組みが続けられている「SDGs」。このSDGsにとって欠かせないワードのひとつに「5つのP」という言葉があります。SDGsを取り上げている特集などでも、しばしば使われているのをよく見かけるようになりました。

 
では「5つのP」とは一体何を指すものなのでしょうか。今回は「5つのP」にスポットを当ててご紹介いたします。

 

「5つのP」は5種類のカテゴリによるSDGsの分類


「5つのP」とは、SDGsの17種類の目標を、「P」で始まる5種類のカテゴリに分けたものです。カテゴリ――目的や概念ごとに分けることでSDGsの実現を促すことになりますが、「5つのP」はそれぞれが非常に重要な分類であり、かつ明確な目的と使命を持っています。ではそれぞれの「P」について順番に見ていきましょう。

 

【SDGs 5つのP】人間(People)

「人間(People)」は、あらゆる貧困と飢餓に終止符を打つことを目標としています。性差別をなくし、すべての人間が尊厳を持てる社会であること、そして平等かつ健全な環境のもとで能力を発揮できる社会になるようにします。17種類の目標のうち、以下のものが該当します。

  • 目標1:貧困をなくそう
  • 目標2:飢餓をゼロに
  • 目標3:すべての人に健康と福祉を
  • 目標4:質の高い教育をみんなに
  • 目標5:ジェンダー平等を実現しよう
  • 目標6:安全な水とトイレを世界中に

 

【SDGs 5つのP】豊かさ(Prosperity)

「豊かさ(Prosperity)」は文字通り、豊かな生活を送れるようにするための分類です。すべての人間の充実した生活はもちろん、社会および技術の進展、自然との調和による経済の確保が大切です。17種類の目標のうち、以下のものが該当します。

  • 目標7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 目標8:働きがいも経済成長も
  • 目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 目標10:人や国の不平等をなくそう
  • 目標11:住み続けられるまちづくりを

 

【SDGs 5つのP】地球(Planet)

「地球(Planet)」は、地球規模での分類です。地球を劣化から守ること、つまり気候変動への対応や天然資源の持続可能な管理が求められ、現在はもちろん将来の生活やニーズなどを充実させるようにすることが大切です。17種類の目標のうち、以下のものが該当します。

  • 目標12:つくる責任 つかう責任
  • 目標13:気候変動に具体的な対策を
  • 目標14:海の豊かさを守ろう
  • 目標15・陸の豊かさを守ろう

 

【SDGs 5つのP】平和(Peace)

「平和(Peace)」は、文字通り誰にとっても平和と言える社会を育てるための分類です。戦争はもちろん、恐怖や暴力がなく、公正かつ包摂的である平和な社会が求められます。17種類の目標のうち、以下のものが該当します。

  • 目標16:平和と公平をすべての人に

 

【SDGs 5つのP】パートナーシップ(Partnership)

「パートナーシップ(Partnership)」は、SDGsの目標を達成するために重要であり、SDGs達成後にも変わらぬパートナーシップが求められていきます。すべての国や人々の参加による世界的なパートナーシップと、SDGsの実施および達成に必要とされる手段の動員、実現が求められます。17種類の目標のうち、以下のものが該当します。

  • 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

 

「5つのP」とともに実現を目指すSDGs


SDGsの17種類の目標には、深い意味のある分類がされ、それらを「5つのP」と呼んでいます。SDGsはすべての目標が密接に絡み合い、それぞれが独立しているように見えても他の目標に大きな影響を与えます。とくに「5つのP」で分類されている目標は、それぞれのつながりが大きいと言えるでしょう。

 
そのうえで、「パートナーシップ(Partnership)」によるすべての目標の達成と、持続可能な社会の実現が求められます。すべての国や人々のパートナーシップによって、2030年以降の社会がどう変わっていくのかが決まるのではないでしょうか。

 
エグチホールディングスはSDGsの実現に向けて取り組んでいます。