【電気の偉人】雷が電気であると証明したベンジャミン・フランクリン

enelabo-benjamin-franklin01
前回の記事「【電気の歴史】雷が電気だとわかったのはいつ?だれが発見したの?」に、雷(かみなり)が電気であることをつきとめた「ベンジャミン・フランクリン」が登場しました。この「ベンジャミン・フランクリン」は、理科の教科書にも名前がのることがあるほどの人物です。

 
また上の画像は、「ベンジャミン・フランクリン」の肖像画(しょうぞうが)を使った、アメリカの100ドル札。理科の教科書だけではなく、お札にも登場しているんですね。そこで今回は、「ベンジャミン・フランクリン」について、カンタンにご紹介します!

 
<関連記事>
電気ってなに?静電気やカミナリは?親子で学ぶ電気のしくみ
静電気ってなに?静電気のしくみを知ろう!
静電気をふせぎたい!今すぐできる予防法は?
【電気の歴史】雷が電気だとわかったのはいつ?だれが発見したの?

 

たくさんの肩書きと功績を持つベンジャミン・フランクリン

enalabo-benjamin-franklin02
1706年にアメリカのボストンで生まれたベンジャミン・フランクリンは、10代のころは兄の印刷業(いんさつぎょう)を手伝っていました。その後は自分でも印刷業を始め、アメリカで最初の「タブロイド紙(※)」を発行。「印刷」の業界に長くたずさわっていました。

 
しかしベンジャミン・フランクリンは、印刷業だけでは終わらなかった人物なのです。気象学者や科学者、政治家、著述家(ちょじゅつか)といったいくつもの肩書きを持ち、印刷業による実業家としてもその名を知られていますが、彼の功績には、さまざまなものがありました。

 
※タブロイド判というサイズの新聞のこと。

ベンジャミン・フランクリンが持つ功績の数々!

ベンジャミン・フランクリンが持つ功績は数多くあります。べんりな道具の発明から政治に関することまで、「これもベンジャミン・フランクリンだったの?」とおどろいてしまうほど。その一部をご紹介します。

  • 「ライデンびん」を使った雷の実験
  • 雷から建物を守るための「避雷針(ひらいしん)」を発明
  • 遠近両用メガネ(えんきんりょうようメガネ)を発明
  • 「薪(まき)」を使う住宅用ストーブ(フランクリン・ストーブ)を発明
  • 「伝導体(でんどうたい)」や「充電(じゅうでん)」などの言葉(英語)を考える
  • 「アメリカ合衆国建国(がっしゅうこくけんこく)の父」として、アメリカの独立(どくりつ)に関わる
  • 1963年まで、アメリカのハーフダラー銀貨に肖像(しょうぞう)が使われる
  • 現在のアメリカの100ドル札の肖像になっている

 
これら以外にも、たくさんの功績があるベンジャミン・フランクリン。何事にも全力で取り組んでいたのでしょうね。アメリカという国にとっても、電気の歴史にとっても、なくてはならない存在です。

ベンジャミン・フランクリンと日本の意外な関係

ベンジャミン・フランクリンと日本のあいだには、意外な形の関係があります。それは、子孫(しそん)である「ロバート・ウォーカー・アーウィン」が、日本人と結婚(けっこん)したこと。もちろん、ベンジャミン・フランクリンがこの世を去ってから100年以上経っているので、本人は知らないできごとです。

この子孫のロバート・ウォーカー・アーウィンもまた、ベンジャミン・フランクリンと同じようにアメリカの実業家でした。日本人がハワイに移住(いじゅう)する事業にも関わった人物。日本人との結婚により、日本とアメリカとの「国際結婚(こくさいけっこん)」の第一号になりました。

 

現在に続く大きなえいきょうを残したベンジャミン・フランクリン

enelabo-benjamin-franklin03
気象学者や科学者として雷の正体をつきとめ、さらにはメガネやストーブを発明、政治家としてアメリカの独立に大きく関わるなど、その時代だけではなく後世(こうせい)にまで続く大きなえいきょうを残しました。

 
ベンジャミン・フランクリンが雷の実験をしていなかったら、政治家ではなかったら、どんな世の中になっていたのでしょうか。雷のメカニズムの解明や、アメリカの独立なども、少しおくれていたかもしれないですね。

banmenpc_720x300