ちょっと気になる旅先の治安【バリ島編】

resolabo-bali-security01
見知らぬ土地や、海外への旅行などは楽しみな反面、さまざまな不安がつきまとうのではないでしょうか。とくに海外の場合は、日本とは異なる文化や習慣、言葉の壁などはもちろんですが、「治安」に対する不安も大きくなるもの。だからこそ、旅先の治安については事前にしっかりと確認しておきたいものです。

 
今回は世界中の人々に愛されているリゾート地、インドネシアの離島「バリ島」の治安にスポットを当ててご紹介します! 旅行はもちろん、移住や赴任など、さまざまな目的でバリ島を訪れる際には、ぜひご参考ください。

 
関連記事:ちょっと気になる旅先の治安【ボラカイ島編】

 

気になるバリ島の治安は?

resolabo-bali-security02
バリ島の治安は、日本と比べてしまうと「治安が良い」とは言い難い部分があります。それは日本が世界的に見て、とても治安が良い国だからということ。日本国内の旅行と同じ感覚でいると、トラブルに巻き込まれる可能性があるため、しっかりと意識して対策することをおすすめします。

 

【バリ島の治安】スリや置き引き、ひったくり対策をしっかりと!

どのエリアでもしっかりと対策をしたいのは、観光客などを狙ったスリや置き引き、そしてひったくりです。

 
気軽に荷物から手を離してしまったり、ズボンのポケットなどに財布を入れていたり。そういった行動を避けるのはもちろん、ハンドバックのようなひったくりやすいバッグも避けるようにしましょう。ショッピングの際の手荷物も要注意です。

 
体の前で留められる「ストラップベルト」がついたリュックや、斜めがけのバッグがおすすめです。パスポートのコピーや、もしものときの連絡先も控えておけるといいですね。

 

【バリ島の治安】トランプ詐欺に注意!

バリ島で多いのが、「トランプ詐欺」と呼ばれる詐欺行為です。これはシンプルに「トランプで賭けをする」というもの。観光客を狙って誘いこみ、イカサマを使って勝ち続けることでお金を巻き上げていきます。

 
日本語で親しげに話しかけられ、自宅に誘われるケースが多くみられます。誘われたときは、丁重に断るようにしましょう。

 

【バリ島の治安】夜間は出歩かない!

バリ島の観光で意識したいのは、「夜間の外出は控える」ということ。治安があまり良くないエリアはもちろんですが、比較的治安が良いエリアでも同様です。暗く人通りが少なくなるエリアも多く、ひったくりやスリなどが多発する傾向があります。

 
できるかぎり夜間の外出は控え、夜間に移動しなければならない場合はタクシーなど(※)を利用しましょう。

 
※タクシーなどを利用する場合は、ぼったくりに気をつけてください。

 

【バリ島の治安】麻薬などの薬物に注意!

バリ島では観光客をターゲットに、日本語で巧みに薬物を勧めてくる犯罪者がいます。旅先で気分が高揚したり、日本じゃないからと、気軽に手を出すのは絶対にしてはいけません。インドネシアの法律では、大麻をはじめとした薬物の所持や販売などには厳しい罰があり、禁固刑はもちろん、死刑になるケースもあります。

 

【バリ島の治安】ATMのスキミングに注意!

これは日本でも同様ですが、バリ島でもATMでのスキミングが多発しています。カード差し込み口に細工をされているケースが多いため、ATMを使用する場合は人の多いモールやコンビニ、ホテルなどを利用することをおすすめします。また、使用する際には差し込み口に異変や違和感がないか、確認するようにしましょう。

 

【バリ島の治安】エリアごとの治安をチェック!

バリ島の治安は、エリアごとで異なっています。クタやレギャンといった観光客も多く、朝から夜まで活気のあるエリアでは、スリや置き引き、薬物犯罪などが多発しているため、治安は良いとは言いにくい部分があります。

 
ウブドやスミニャックなどは治安が良いエリアになりますが、昼間と夜の活気に大きな差があります。夜間に出歩くのは控えたほうがいいでしょう。スリやひったくりはもちろんですが、とくにウブドは野生の犬と遭遇する危険性もあります。

 
ヌサドゥアのようにセキュリティー面でも治安がしっかりしているエリアもありますが、やはり夜間の外出には注意が必要です。また荷物等の管理はしっかりとしたほうがいいでしょう。

 

バリ島を存分に楽しむには、治安情報を事前にチェック!

resolabo-bali-security03
世界中から観光客が訪れるバリ島でも、気をつけなければならない部分はあります。今回ご紹介したもの以外にも、軽い犯罪などが見られるケースも。

 
「観光客が多い、人気がある」イコール「治安が良くて安全」というわけではなく、どの国やリゾート地にも、何らかの犯罪は潜んでいます。日本はとても治安が良い国ですが、バリ島は日本とは違うということを忘れずに、事前に治安情報をしっかりとチェックして、バリ島を存分に楽しんでくださいね。

banmenpc_720x300