ボラカイ島に行くなら、「クロコダイル島」も要チェック!

resolabo-boracay-crocodile-island01
セブ島と並び、世界中から観光客が集まるフィリピンの「ボラカイ島」。世界有数の美しさを誇るビーチがとくに有名な離島です。リゾートや不動産投資、移住などで大きな注目が集まっていますが、ボラカイ島を訪れるのであればぜひチェックしたいのが、すぐ近くにある「クロコダイル島」です。

 
そこで今回は、ボラカイ島からほど近い「クロコダイル島」にスポットを当ててご紹介します!

 
関連記事:ボラカイ島でアイランドホッピング!気になる内容や料金は?

 

アイランドホッピングで、ボラカイ島から「クロコダイル島」へ!

「クロコダイル島」はボラカイ島の南島、1kmも離れていない場所にある離島です。とても小さな島ですが、ボラカイ島からのアイランドホッピングツアーでは、必ずと言って良いほど立ち寄る人気スポットでもあります。

 
島から島へ渡り歩くアイランドホッピングツアーはもちろんですが、シュノーケリングやダイビングのツアーにクロコダイル島が含まれていることも。クロコダイル島へ行く、貸し切りのボートもあります。それくらい、ボラカイ島観光に密接な関係のある離島です。

 

「クロコダイル島」の名前の由来は?

クロコダイル島の名前の由来は、その名のとおり「ワニ」。遠くから見た島の形がワニに見えることから、「クロコダイル島」という名前で呼ばれているのです。

 
クロコダイル島に向かう際には、その形にもしっかりと注目したいところです。鼻先から胴体、そして尻尾の先まで、ワニの形が綺麗に見える位置に来たらシャッターチャンス。クロコダイル島の形を、しっかりと写真に残しておくことをおすすめします。

 

クロコダイル島では何ができる?見所は?

ボラカイ島観光の際に立ち寄る方が多いクロコダイル島ですが、クロコダイル島そのもので何かができると言うよりは、クロコダイル島周辺の海域で楽しむというのが正解です。シュノーケリングやダイビングのスポットとして愛されているため、アイランドホッピングを始めとした各種ツアーでは、クロコダイル島の近くで船から海に入るケースが多く見られます。

 
島周辺の海は美しいサンゴ礁があり、さらに色とりどりの魚が多く生息。それらを鑑賞するために、日々多くの船やボートがクロコダイル島を目指しています。シュノーケリングやダイビングの経験がない方でも楽しめるツアーも多く、数多くの観光客がクロコダイル島周辺の美しいサンゴや魚の数々を、海中で存分に鑑賞して楽しんでいます。

 
もちろん、海に潜らずに船の上から島を眺めたり、海中をのぞき込んだりして楽しむ方も。ゆったりとした時間を過ごすことができるのも、クロコダイル島の魅力のひとつです。

 

ボラカイ島を訪れたら、クロコダイル島にもぜひ足を伸ばして!

resolabo-boracay-crocodile-island02
クロコダイル島へ行くのはそれほど難しくはなく、前述したとおりアイランドホッピングやシュノーケリング、ダイビングなどのツアーで簡単に行くことができます。ツアーは日本の旅行会社が開催しているものはもちろんですが、現地で募集しているツアーも。ツアー内容も4~5時間ほどの日帰りが可能なうえ、日本円で2,000円かからない場合もあります。

 
クロコダイル島行きは気軽に予定に組み込みやすいため、ボラカイ島を訪れる際にはぜひ足を伸ばして楽しんでみてはいかがでしょうか。

banmenpc_720x300