ボラカイ島で静かに過ごすなら、プカシェル・ビーチがおすすめ!

ボラカイ島:プカシェル・ビーチ

ボラカイ島:プカシェル・ビーチ


フィリピンの「ボラカイ島」は、美しいビーチが魅力の離島です。観光地としての歴史は浅いですが、世界一美しいビーチに選ばれたこともあるなど、世界中からの注目を集めています。

 
リゾートや移住、不動産投資など、数多くの人々が訪れるボラカイ島には、「ホワイトビーチ」という、白い砂浜が魅力的な観光スポットがあります。しかし、ボラカイ島の美しいビーチは、ホワイトビーチだけではありません。

 
そこで今回は、ホワイトビーチにも負けないほど美しい、「プカシェル・ビーチ」にスポットを当ててご紹介します!

 

都会の喧噪を忘れられる静かなビーチ「プカシェル・ビーチ」!

resolabo-boracay-puka-beach02
プカシェル・ビーチの名前の由来は、「プカシェル」と呼ばれる貝にあります。丸くて可愛い「プカシェル」は、ビーチの砂浜に多く混ざっていました。そのため、「プカシェル・ビーチ」という名前になったのです。そんなプカシェル・ビーチの見所やアクセスなど、詳しく見ていきましょう。

 
※画像は砂浜のイメージ画像で、ボラカイ島ではありません。

 

プカシェル・ビーチはどんなスポット?見所は?

プカシェル・ビーチは、ホワイトビーチなどの「ステーション」近くにあるビーチと比べ、観光客などが少ない静かなスポット。人の少ない海岸を散策したい、都会の喧噪を忘れてのんびりと過ごしたい、そんな方におすすめのビーチです。

 
見所はなんといっても、美しい砂浜と、透明度が高くてグラデーションが綺麗な海。その美しさは、アジアのベストビーチにも選ばれたことがあるほどです。波の音が響く静かな環境で、砂浜と海のコントラストを存分に満喫できます。

 

プカシェル・ビーチはどこにあるの?アクセス方法は?

プカシェル・ビーチはボラカイ島の北部にあり、陸路で行く場合、「トライシクル」を利用して現地まで向かうのがとても便利。「トライシクル」はバイクの隣に座席がある、いわゆる三輪車タイプのタクシーです。ボラカイ島の移動手段として、多くの観光客が利用している乗り物です。

 
この「トライシクル」はセブ島やマニラなどの都市部では、郊外などに行かないと利用できないことが多いそう。いっぽうボラカイ島では、「ステーション」でも利用できるため、とても便利な移動手段のひとつです。

 

プカシェル・ビーチを訪れる際の注意点は?

プカシェル・ビーチを訪れる際の注意点としてまず挙げられるのは、2018年のボラカイ島一時閉鎖以降に発令された、観光客への規制の数々です。ビーチでのゴミ捨て禁止やバーベキュー禁止など、行動がある程度制限されるため、事前に規制内容を確認するようにしましょう。

関連記事:フィリピン・ボラカイ島を満喫するために!確認しておきたい規制事項

 
次に、波の高さが挙げられます。ホワイトビーチなどと比べ、プカシェル・ビーチの波はやや高めのことが多く、泳ぐ際には少し気をつけたほうがいいでしょう。泳げないほどではありませんが、小さなお子さんを連れていたり、泳ぎが苦手だったりする場合は、無理をせず浜辺や波打ち際で遊ぶのもおすすめです。

 

世界やアジア有数の美しいビーチを誇るボラカイ島!

ボラカイ島:プカシェル・ビーチ

ボラカイ島:プカシェル・ビーチ


ボラカイ島は、今回ご紹介したプカシェル・ビーチをはじめ、美しいビーチが数多くある島です。島内で最も有名で人気のあるホワイトビーチは多くの観光客が訪れますが、ほかのビーチもそれぞれに個性があり、美しいスポットばかり。

 
ボラカイ島を訪れる機会があれば、ぜひホワイトビーチ以外にも足を運び、ボラカイ島の美しいビーチと自然を体感してみてくださいね。

banmenpc_720x300