石垣島の海&ビーチで遊ぶなら!あると便利な持ち物リスト


沖縄の離島「石垣島」は、海や自然、星空など魅力があふれる観光スポットとして多くの人々が訪れています。石垣島に限らず、沖縄と言えば海やビーチでの観光をスケジュールに組み込む方が多いのではないでしょうか。

 
せっかく石垣島を訪れるのであれば、やはりその美しい海を堪能したいですよね。そこで今回は、石垣島の海やビーチで遊ぶ際にあると便利な持ち物にスポットを当ててご紹介します。

 
関連記事:子どもと一緒に石垣島へ!南の島への子連れ旅行ならではの持ち物は?

 

石垣島の気候と海&ビーチの特徴を踏まえた持ち物を!


本州などの海へ遊びに行く場合も同様ですが、「夏の海」に必須と言える持ち物は多くあります。さらにこれが石垣島、沖縄となると、気候や海・ビーチの特徴も踏まえ、一歩踏み込んだ持ち物をおすすめします。

 

石垣島の暑さと紫外線に合わせて、持ち物で対策!

石垣島の気候は年間を通して温暖で、紫外線も強く降り注いでいます。熱中症対策と日焼け対策は必須です。とくに日焼けは、火傷の一種。普段は日焼け止めをしていないという方も、石垣島では忘れずに日焼けへの対策が必要です。

  • 日焼け止め
  • サングラス
  • 帽子
  • 薄手の上着(UVカットのものならなお良し)
  • ラッシュガードやマリントレンカ
  • アームカバー
  • 日傘
  • 瞬間冷却剤などの冷却グッズ
  • 水分補給用のドリンク

 
※熱中症や紫外線への対策は、ビーチや海で遊ぶときだけではなく、石垣島観光中は常に心がけておくことをおすすめします。

 

日焼け止めを選ぶときは、環境への配慮も意識したい!

日焼け止めにはさまざまな成分が使用されていますが、なかには海中の環境や珊瑚に悪影響を与えるとされる成分もあります。海外の一部地域では、海で使用する日焼け止めの成分に規制があるケースも。

 
石垣島周辺の海にもサンゴが生息していることもあり、日焼け止めも環境に配慮したものを意識して選んでみてはいかがでしょうか。

 
関連記事:【SDGs】海を守る、環境にやさしい「日焼け止め」とは

 

石垣島の海&ビーチで存分に楽しむために選びたい持ち物

石垣島の海やビーチでは、しっかりと楽しみたいもの。シンプルな海水浴や、砂浜の散策、シュノーケルやダイビングなど楽しみ方は数多くありますが、存分に楽しむためには、石垣島の海やビーチの特徴を考慮した持ち物を用意すると良いでしょう。

  • マリンバッグ
  • フェイスタオルやバスタオル
  • シュノーケル(ゴーグル等)
  • マリンシューズ
  • 水中カメラなど、水中撮影用のグッズ
  • スマホ用の防水ケース
  • 絆創膏など傷の手当てができるもの

 
海で遊ぶ際に必要となる基本的なものが多いですが、「マリンシューズ」は石垣島に行く前でも良いですし、現地でも良いので、購入しておくことをおすすめします。石垣島周辺にはサンゴが生息しているため、砂浜や海底にサンゴのかけらがあります。サンゴのほかには貝殻や、シュノーケリングスポットなどでは岩場もあるなど、足の負傷に繋がる危険が潜んでいます。

 
素足が危険なのはもちろんですが、ビーチサンダルのような脱げやすい履き物も避けたほうが良いでしょう。そのため、足をすっぽり包み込んで保護できるマリンシューズが大活躍します。

 

必要な持ち物を揃えて、石垣島の海&ビーチを満喫したい!


石垣島の海やビーチであると便利な持ち物を紹介いたしました。旅行の日程やメンバーの構成によっては、今回ご紹介したもの以外にも必要な持ち物が発生します。小さなお子さんがいる場合や、海に入らない方がいる場合など、旅行をするメンバーや状況はさまざまです。今回ご紹介した持ち物をベースに、状況に応じた対応をするようにしましょう。

 
必要な持ち物を事前にしっかり確認して揃え、石垣島の海やビーチを満喫してくださいね。