宮古島の「添道サガリバナ」で幻想的な一夜を


沖縄の「宮古島」は、観光や不動産投資の地として人気が高い離島。毎年多くの人々が沖縄内外から訪れ、宮古島の魅力を楽しんでいます。

 
宮古島の見所や観光スポットは数多くありますが、今回はそのなかでも「添道(そえどう)サガリバナ」に注目。幻の花とも呼ばれる「サガリバナ」を鑑賞できるスポットをご紹介いたします。

 

サガリバナシーズンに宮古島を訪れたらぜひ鑑賞したい!

サガリバナは一夜限りの美しい花を咲かせる常緑樹です。サガリバナを鑑賞できる夜は、幻想的の一言。沖縄県内ではサガリバナが有名で、花が咲くシーズンにはサガリバナを鑑賞するために訪れる観光客も少なくありません。

 
宮古島では、宮古島市平良の添道地区にサガリバナの群生地「添道サガリバナ」があり、毎年多くの人々が美しい花を鑑賞しています。

 
関連記事:西表島に多く自生!幻の花「サガリバナ」を紹介

 

サガリバナとは?開花シーズンはいつごろ?

サガリバナの花は夕方ごろから開花し、甘い香りを漂わせる美しいフォルムが魅力的。紅色や白の花祖咲かせ、細いおしべとめしべが特徴的な、花火を思わせる見た目をしています。

 
宮古島のサガリバナのシーズンは6月~7月。夜のサガリバナを鑑賞するツアーはもちろん、夜明けや早朝のサガリバナを鑑賞するツアーもあります。夜間に咲き誇ったあとは、散ってしまうサガリバナ。しかし落下したサガリバナも魅力的で、地面に散らばる姿を鑑賞するのもおすすめです。

 
サガリバナには、「幸運が訪れる」という花言葉があります。確かにその美しい見た目からは、幸運の訪れを感じさせます。開花シーズンに宮古島でのリゾートウェディングや新婚旅行を予定しているカップルは、ぜひサガリバナも鑑賞してみてはいかがでしょうか。

 

「添道サガリバナ」はどんなところ?

宮古島のサガリバナ群生地である添道サガリバナは、平良エリアのなかでも比較的静かな場所にあります。平良には空港があり、宮古島の中心地として知られています。宮古島市の市役所もある市街地ですが、添道サガリバナの周辺は住宅などがほとんどなく、のどかな景色が広がります。

 
添道サガリバナには遊歩道があり、散策しながらサガリバナの鑑賞が可能です。遊歩道沿いのサガリバナは、種子から植樹されたもの。周囲には自生しているものもあり、大規模な群生地を形成しています。

 
夜間にサガリバナ鑑賞をする場合は、懐中電灯の持参や虫対策をして行くと良いでしょう。ライトアップされる時期もあるようですが、自身でも懐中電灯を用意していくと安心です。

 
前述のとおり、夜間や早朝のサガリバナ鑑賞ツアーもあります。サガリバナのシーズンに宮古島を訪れる場合は、鑑賞ツアーをチェックしてみることをおすすめします。

 

タイミングが合えば、ぜひ「添道サガリバナ」へ!


添道サガリバナについてご紹介いたしました。昼間は周辺の観光スポットを楽しみ、夜間にサガリバナを鑑賞すると、宮古島を一日中楽しめます。また、サガリバナを鑑賞する際に天気が良ければ、そのまま空を見上げて星空を楽しんでみても良いですね。

 
サガリバナは開花時期が短い花のため、開花のタイミングを狙って旅行日程を決めるのはなかなか難しいかもしれません。うまくタイミングが合えば、ぜひサガリバナを鑑賞してみてはいかがでしょうか。