宮古島と一緒に楽しみたい、下地島の魅力を解説!

下地島:下地島空港「進入灯点検橋」付近

下地島:下地島空港「進入灯点検橋」付近


リゾートや移住、不動産投資など、さまざまな方面から注目を浴びている「宮古島」。沖縄のなかでも人気が高く、多くの人々が日々宮古島を訪れています。宮古島は「宮古島市」を構成する島のひとつ。宮古島以外に5つの島があります。

 
宮古島以外の島も、宮古島観光には欠かせないおすすめスポットばかりです。今回はそのなかから「下地島」について、その魅力をご紹介します!

 
<関連記事>
宮古島の海上を行く!伊良部大橋・池間大橋・来間大橋で絶景を満喫!
宮古島に行くなら立ち寄りたい!伊良部島観光のススメ

 

伊良部島に隣接した「下地島」は、空港もある素敵な島!

下地島:「通り池」

下地島:「通り池」


サンゴ礁の隆起によってできた下地島は伊良部島に隣接しており、パイロットの訓練もおこなわれる下地島空港がある離島です。面積はおよそ9.5平方キロメートルほどで、人口も非常に少ない島ですが、下地島を訪れる観光客は多く、下地島でしか体験できない魅力にあふれた素敵な島でもあります。

 

【下地島の魅力1】宮古島と伊良部島も楽しめる観光ルート

下地島の魅力のひとつは、宮古島と伊良部島もともに楽しめる観光ルートにあります。下地島に行くには、基本的に宮古島から「伊良部大橋」を通り、伊良部島経由で行くことになります。下地島にも空港はありますが、宮古空港に降り立つ観光客が大半です。そこからレンタカーなどで伊良部島、そして下地島へと向かうルートが多く取られているのです。

 
宮古島と伊良部島を繋ぐ「伊良部大橋」は、2015年に開通したばかりの、全長3,540メートルの海上大橋。通行料も無料で、車やバイク、レンタサイクルや徒歩などさまざまな手段で渡ることができます。

 
下地島は伊良部島を抜けた先にあり、伊良部島とは複数の橋で繋がっています。しかし双方の距離はとても短いため、別々の島というよりは、2島セットで観光ルートを考える方も少なくありません。

 

【下地島の魅力2】人魚の伝説が残る「通り池」

下地島の西には「通り池」という2つの池が並ぶ場所があります。この「通り池」には、古くから伝わる「ユナイタマ(人魚)伝説」があるのです。

 
かつて下地島に住んでいた漁師が釣り上げた人魚の半身を、隣家の人と食べてしまいました。人魚は海に帰りたくても帰れなくなり、海へと助けを求めたところ、3度の津波によって海に帰ることができたのです。そのときの津波によって、漁師たちの住んでいた集落は壊滅し、漁師と隣家のあった場所が現在の「通り池」になったと言われています。

 
この「通り池」は国の名勝および天然記念物に指定されているだけではなく、地下で海と繋がっているため、下地島、そして宮古島を訪れる人々にとって人気のダイビングスポットでもあります。人魚の伝説が残る不思議な「池」でダイビングだなんて、とても素敵ですね。

 

【下地島の魅力3】パイロット訓練がおこなわれる下地島空港

下地島を訪れる方々のなかには、下地島空港を目当てに訪れるという方も少なくありません。下地島空港は成田国際空港や、関西国際空港などへの定期便があるほか、香港線も就航するなど、国際空港としての顔を持つ空港です。

 
この下地島空港は、パイロット訓練がおこなわれる空港としても有名で、「タッチアンドゴー(※)」を見ることができるケースも。絶好の撮影スポットでもある、「17エンド」周辺には航空機を見るために訪れる方も。

 
下地島に立ち寄るなら、ぜひ下地島空港にも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。前項でご紹介した「通り池」からも近いので、観光ルートとして組んでみてもいいですね。

 
※タッチアンドゴー……航空機が滑走路に接地後、すぐに上昇すること。航空機の飛行訓練に組み込まれています。

 

海と空を同時に楽しめるのが魅力の下地島!

下地島:下地島空港周辺

下地島:下地島空港周辺


今回ご紹介した下地島の魅力ポイントは、下地島を訪れる際には知っておきたい基礎知識でもあります。他にも島に伝わる伝説や、美しいビーチなどのおすすめスポットが満載。下地島だけで1日を過ごしても、飽きないほどの魅力があります。

 
宮古島から決して遠い距離にあるわけではなく、そのうえ海や空も同時に楽しめる下地島。ぜひ宮古島を訪れる際には、下地島への観光ルートなども検討してみてくださいね。

banmenpc_720x300