【SDGs】漫画でSDGs!17+1名の漫画家によるプロジェクトとは

resolabo-sdgs-manga01
持続可能な世界を目指し、17の目標と169のターゲットを掲げる「SDGs」。2030年の達成に向けて世界中で多くの取り組みがおこなわれています。国や企業、個人など、取り組みの形は多種多様ですが、日本の漫画家17+1名によるプロジェクトがあることをご存じでしょうか?

 
今回は「SDGs×マンガノチカラ」というプロジェクトについてご紹介します。

 
<関連記事>
SDGs 世界を変える為の17の目標
【SDGs】エグチホールディングスが宮古島で取り組む「SDGs」とは?
【SDGs】世界を変えるための17の目標、「SDGs」とは?

 

SDGsを漫画で知ることで、認知度の上昇を図る

resolabo-sdgs-manga02
「SDGs×マンガノチカラ」は、漫画家でありタレントでもある浜田ブリトニーさんが発起人となり、実現したプロジェクト。17+1名の漫画家がそれぞれSDGsの目標について漫画を描き下ろしていくものです。

 
17の目標と導入編があり、購入予約ができるほか、導入編の「SDGsで世界を変えるはじめ方」は「SDGs×マンガノチカラ」のホームページにて試し読みもできます。ではこのプロジェクト発足のきっかけや、参加している漫画家について見ていきましょう。

 

「SDGs×マンガノチカラ」発足のきっかけ

このプロジェクトが発足したきっかけは、「SDGsをもっと知ってもらいたい」「認知度を上げたい」という思いにあるのだそう。SDGsの取り組みは大変重要なもので、世界中で取り組まれているものの、未だ認知度はそれほど高くありません。

 
テレビや新聞などのメディアで取り上げていたり、教育現場でも取り入れたりしていますが、まだまだ「誰もが知る」には遠い道のりです。そんなSDGsを漫画を使って、誰にでも知ってもらえるよう伝えるために発足したのが「SDGs×マンガノチカラ」なのです。

 

「SDGs×マンガノチカラ」に集まった漫画家たちとは

発起人の浜田ブリトニーさんを筆頭に、実に多彩な顔ぶれが揃っている「SDGs×マンガノチカラ」。ひとりがひとつの目標を担当し、漫画を描き下ろしていくことになります。

参加している漫画家は、次の方々です(17の目標順に記載しています)。

 
御茶漬海苔さん、倉田よしみさん、山田貴敏さん、藤沢とおるさん、浜田ブリトニーさん
栗原正尚さん、花津ハナヨさん、下條よしあきさん、新谷かおるさん、ピョコタンさん
えびはら武司さん、かなつ久美さん、のむらしんぼさん、森下裕美さん、いがらしゆみこさん
平松伸二さん、弘兼憲史さん、上野祥吾さん(導入編)

 
長く日本の漫画界を牽引している大御所もいるなど、そうそうたる顔ぶれではないでしょうか。少女漫画や少年漫画、青年漫画、ホラー漫画など、実にさまざまなジャンルから集まった漫画家ばかりです。

 

活動は幅広く、SDGsの認知度100パーセントを目指して

resolabo-sdgs-manga03
公式のTwitterアカウントでは、「マスクをしよう」「よくたべてよくやすもう」「まどをあけよう」など、新型コロナウイルス感染症対策として8つのアクションを漫画の力で伝える企画が発足。先に挙げた漫画家以外にも、多くの漫画家がイラストを寄稿しています。SDGsも含め、「マンガノチカラ」による幅広い活動が進められています。

 
日本における漫画の存在は絶大で、世界に誇る文化でもあります。クールジャパンのひとつでもあり、日本人にとって漫画は大変慣れ親しんだ娯楽やパートナーでもあるのではないでしょうか。そんな漫画でSDGsを伝える「SDGs×マンガノチカラ」は、構想から1年ほど経ってようやく発足したプロジェクト。SDGsの認知度100%を目指して、これからさまざまな活動が見られることでしょう。

 
エグチホールディングスはSDGsの実現に向けて取り組んでいます。

banmenpc_720x300