【SDGs】ドラッグストアで買える!海にやさしい「日焼け止め」3選


SDGsの14番目には「海の豊かさを守ろう」という目標があります。海に関する環境や生態系などあらゆる面から海が持つ豊かさを守り、美しい海を取り戻すことが求められています。

 
海を守ると一言で言っても、その方法はさまざま。身近なところでは「海や川にゴミを捨てない」「海岸の掃除をする」などは個人でもできる取り組みとして有効です。また、「【SDGs】海を守る、環境にやさしい「日焼け止め」とは」でも触れたとおり、「海に持ち込む有害物質を減らす」という形でも取り組みができます。

 
そこで今回は、海の環境にやさしい「日焼け止め」について、比較的入手しやすい商品をピックアップしてご紹介します。

 

海の環境やサンゴにやさしい日焼け止めをチェック!


近年、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤が問題となっており、海の環境やサンゴへの影響があるとして、一部の国や地域では有害指定化学物質を使用した日焼け止めの使用禁止を掲げています。

 
そのいっぽうで、環境に配慮した日焼け止めも登場し、その存在感を増しています。今回ピックアップしてご紹介する日焼け止めは、環境に配慮した商品のなかでもドラッグストアで入手できるものばかりを選びました。気軽に入手でき、そして環境にも配慮できる、メリットがたくさんの商品です。

 

カネボウ化粧品「アリィー(ALLIE)」

最初にご紹介するのは、「ビーチフレンドリー処方」によって製造されたカネボウ化粧品の「アリィー」です。ビーチフレンドリー処方とは、一部の国やエリア、ビーチなどで掲げる規制に対し、成分等を配慮したもの。またプラスチック削減パッケージや、バイオマスプラスチックを利用するなど、環境に多方面で配慮した商品です。

 
※UVジェル、UVミルク、ノーファンデUVなどラインナップ多数

 

大正製薬「コパトーン プロテクションUVプラス ミルク」

続いてご紹介するのは、大正製薬が展開するコパトーンシリーズのひとつ、「プロテクションUVプラス ミルク」です。コパトーンと言えば日焼け止めとして人気のあるシリーズですが、なかでも「プロテクションUVプラス ミルク」は紫外線吸収剤を含まない商品として注目を集めています。洗顔料やボディソープなどでも洗い落とせるのも魅力のひとつです。

 

ビオレ「UVキッズ ピュアミルク」

日焼け止めは大人だけではなく、子どもにも使いたいもの。そこでご紹介するのは、ビオレの「UVキッズ ピュアミルク」です。この商品は赤ちゃんにも使えるという特徴があり、無着色・無香料、そしてアルコールフリーやパラベンフリー。もちろん、紫外線吸収剤もゼロで、赤ちゃんの肌だけではなく環境にもやさしい日焼け止めですので、肌が弱い大人の方にもおすすめです。

 

日焼け止めで、海やサンゴなど環境にやさしさを


紫外線吸収剤による海洋汚染やサンゴの白化などは深刻な問題で、現在は規制されていない国や地域においても、今後規制が入る可能性があります。それは日本においても同様で、とくにサンゴの棲息するエリアでは規制の有無に関わらず、使用する日焼け止めには意識を配りたいところです。

 
今回ご紹介した日焼け止めは、どれもドラッグストアで購入できるものばかり。旅先などで海水浴やマリンアクティビティをする際、現地でも購入できる可能性が高く、比較的入手しやすく便利な商品です。

 
ご紹介した日焼け止め以外にも、海の環境に配慮した商品はたくさんあります。成分はもちろんですが、入手方法や価格なども含めて、自分が使用したいと思える日焼け止めを選んでくださいね。

 
エグチホールディングスはSDGsの実現に向けて取り組んでいます。