バリ島土産に伝統工芸品を!バリ島のおすすめ伝統工芸品3選

バリ島:アタ製品

バリ島:アタ製品


日本からも多くの人々が訪れる、インドネシアの「バリ島」。観光やビジネス、移住や不動産投資などその目的はさまざまですが、誰もが日本に帰国するときにはバリ島のお土産を購入するのではないでしょうか。

 
バリ島にはお土産にぴったりのアイテムが大変多く、相手や目的、人数に合わせて選びやすいという特徴があります。バリ島で人気のある食べ物やお酒、コスメやファッションなどはもちろんですが、バリ島の空気を存分にお裾分けできるものとしては「伝統工芸品」があります。

 
そこで今回は、バリ島土産におすすめの伝統工芸品をピックアップしてご紹介します!

 
<関連記事>
バリ島で購入したい、おすすめのお土産3選!【女性・コスメ編】
バリ島土産におすすめ!男女ともに楽しめるファッションアイテム3選

 

どれを選ぶ?バリ島土産におすすめの伝統工芸品3選

バリ島:バティック

バリ島:バティック


バリ島には、その歴史を刻んだ伝統工芸品が数多くあります。バリ島に限らず、日本国内でも旅行にでかければ、伝統工芸品をお土産として購入するケースは少なくありません。伝統工芸品はその地域の特色や歴史を感じる品ですので、お土産にはぴったりなのです。

 

【バリ島おすすめ伝統工芸品】定番の「アタ」

まずご紹介するのは「アタ」です。シダ科の植物を使って編み上げられた「アタ」は、日本人にも人気がある定番の伝統工芸品です。女性人気が高いバッグをはじめ、小物入れなどの雑貨もあります。

 
アタ製品でセンスが良くて有名なのは「アシタバ」というお店ですが、このお店に限らず、センスの良いデザインのアタ製品はバリ島のそこかしこで見かけることができます。さまざまな場所で好みのアタ製品を探してみてはいかがでしょうか。

 

【バリ島おすすめ伝統工芸品】使い勝手の良い「バティック」

続いてご紹介するのは、「バティック」です。バティックはインドネシアの無形文化遺産でもある、伝統工芸品の布。ろうけつ染めによるジャワ更紗で、さまざまな色合いや柄があります。

 
衣類やアクセサリー、雑貨などに加工されたものもありますが、布そのものを購入していくのもおすすめです。ちょっとしたクロスにしたり、風呂敷代わりにしてみたり。大きなサイズならソファーやベッドのカバー、さらにはカーテンやのれんなど、インテリア用に加工することも可能です。

 
すでに加工された雑貨などを周囲へのお土産に、そして布そのものを自分用に購入し、用途に合ったアレンジをして楽しんでみてもいいですね。

 

【バリ島おすすめ伝統工芸品】バリ島の気配を感じる「木彫りの雑貨」

最後にご紹介するのは、「木彫りの雑貨」です。「木彫り」と言えば多くの国や地域でも見られる伝統工芸品ですが、バリ島の木彫りは当然ながらバリ島ならではの良さがあります。バリ島に伝わる神々をモチーフとした木彫り、シックかつデザイン性のある木製食器など、ついつい欲しくなるようなものばかりです。

 
木彫りのなかでも人気があり定番なのは、「バリ猫」と呼ばれる猫の木彫り人形。可愛らしい猫の木彫り人形は、バリ島土産の定番としても人気です。豊富なデザインや色柄、そして表情豊かな「バリ猫」は、置物サイズや小さなマグネット状になっているものなどもあります。自分へのお土産はもちろん、「ばらまき」系のお土産にもおすすめです。

 

バリ島の魅力を詰め込んだ伝統工芸品をお土産に!

バリ島:木彫りの「バリ猫」

バリ島:木彫りの「バリ猫」


今回ご紹介した3種類のほかにも、シルバーアクセサリーや陶磁器、絵画など、バリ島にはさまざまな伝統工芸品があります。バリ島の行く先々で伝統工芸品に触れ、バリ島の歴史を感じてみることをおすすめします。どの伝統工芸品もバリ島の魅力がしっかりと詰め込まれていますので、バリ島を訪れた際にはじっくりと選んで購入できるといいですね。

banmenpc_720x300