旅行初日も最終日も堪能!新石垣空港周辺のおすすめ観光スポット3選


沖縄の離島「石垣島」を観光する場合、多くのケースで2泊以上の日程を組むのではないでしょうか。2泊以上の日程が必要な理由として、飛行機で行く必要があること、離島であることが挙げられます。それ以外にも、観光スポットが多いこともあり、数日かけて楽しみたいと思わされることも、石垣島観光に日数をかける大きな理由と言えるでしょう。

 
石垣島を堪能し尽くすには、やはり旅行初日も、そして最終日もしっかりスケジュールを組みたいところです。今回は石垣島に到着した直後や、帰路につく離陸前などの隙間時間でも楽しめる、空港周辺のおすすめスポットをピックアップしてご紹介いたします。

 
関連記事:石垣島の玄関口!新石垣空港(南ぬ島石垣空港)の魅力を紹介

 

新石垣空港周辺のおすすめ観光スポットをチェック!

新石垣空港(南ぬ島石垣空港)は、言うまでもなく石垣島の玄関口。この新石垣空港から、石垣島観光がスタートすると共に、最初の観光スポットとも言えます。新石垣空港を出たあとは、ツアーのスケジュールや個人のスケジュールに応じて観光をすると思いますが、自由時間や隙間時間があれば、ぜひ空港周辺も楽しみたいところです。

 
今回ご紹介するのは、「白保海岸」「やちむん館工房 紗夢紗蘿(さむさら)」「ファミリーマート」の3スポット。旅行初日はもちろん、最終日もギリギリまで楽しめれば、石垣島の思い出がより深くなりますよ。

 

石垣島のサンゴ礁を見る!「白保海岸」

まずご紹介するのは、石垣市白保にある「白保海岸」です。石垣島の白保海岸近辺の海は、世界でも最大級のアオサンゴの大群が生息している海域。国内はもちろんですが、世界的に見ても大変貴重な場所で、石垣島に行くならぜひ訪れてみていただきたい場所です。

 
新石垣空港からは国道390号線を南下、車や定期観光バスなどで行くことができます。シュノーケリングや、海岸の散策など、楽しみ方は人ぞれぞれ。美しい砂浜とサンゴを堪能してみてはいかがでしょうか。

 
※生きているものも死んでいるものも、サンゴを持ち帰ることは禁止されています。また、決してサンゴを傷つけないようにしましょう。

 

「やちむん館工房 紗夢紗蘿(さむさら)」で八重山の伝統に触れる!

続いてご紹介するのは、石垣市白保の森のなかに佇む「やちむん館工房 紗夢紗蘿(さむさら)」です。新石垣空港のすぐ南、徒歩でも行ける距離にあります。

 
やちむん館工房で制作されているのは、八重山の伝統民具。月桃やあだんの葉を使って作られたぞうりやバッグ、枕などを購入することができます。さらに石垣島で作られる焼き物「やちむん」の展示販売もあり、「石垣島らしさ」があふれるお土産を探している方におすすめです。

 
やちむん館工房では伝統民具を購入するだけではなく、自分で制作する民具づくり体験講習会も実施。簡単なものでは1時間ほどで制作できるので、思い出作りも叶います(※)。

 
※2022年3月現在、講習会は一時停止しています。また一週間前に予約が必要なものや、石垣島在住の方のみが対象となるものもありますので、早めに工房にご確認ください。

 

石垣島の「ファミリーマート」は忘れずにチェックしたい!

最後にご紹介するのは、コンビニエンスチェーンの「ファミリーマート」です。どの店舗も新石垣空港からは少し離れており、最も近い「石垣磯辺店」では国道390号を経由して車で15分超かかります。逆に言えば15分ほどしかかからないとも言えるでしょう。

 
石垣島内のコンビニはファミリーマートしかなく、しかも石垣島南部に集中しています。しかし石垣島をはじめとした沖縄県下のファミリーマートでは、沖縄限定の商品を扱っているため、忘れずに立ち寄りたい観光スポットでもあるのです。

 
石垣島観光の際にスケジュールに余裕があれば、ぜひファミリーマートに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。沖縄限定の商品は、石垣島観光のおみやげとしても人気があり、おすすめです。

 
関連記事:宮古島にコンビニはあるの?宮古島のコンビニ事情

 

石垣島観光をするなら、新石垣空港の周辺をチェック!

石垣島:白保海岸


新石垣空港周辺の観光スポットをピックアップしてご紹介しました。とくに空港の近くを通る国道390号線沿いには、今回ご紹介した3スポット以外にも、ビーチや飲食店、お土産店、展望台など、さまざまなスポットが見られます。

 
新石垣空港の周辺をチェックして、旅行初日や最終日にもしっかりと石垣島観光を充実させてみてはいかがでしょうか。