宮古島で立ち寄りたい!絶景を楽しめるおすすめ展望台3選

【伊良部島】フナウサギバナタ展望台

【伊良部島】フナウサギバナタ展望台


観光や移住、不動産投資などで注目を浴びている「宮古島」。沖縄の離島である宮古島は、沖縄本島や石垣島などと同様にとても人気があり、美しい景色や宮古ブルーの海など、見所満載でもあります。

 
宮古島では、ビーチで遊ぶ方やレンタカーでドライブを楽しむ方、アクティビティを楽しむ方など、楽しみ方は人それぞれ。そんななか、「絶景を楽しむ」という方も少なくありません。そこで今回は、宮古島や隣接する島で絶景を楽しめる、おすすめの展望台をピックアップしてご紹介します!

 

宮古島の絶景を堪能できる展望台3選

【来間島】竜宮城展望台

【来間島】竜宮城展望台


宮古島には展望台や、展望施設が複数ありますが、今回ご紹介するのは「平安名埼灯台(へんなさきとうだい)」「フナウサギバナタ展望台」「竜宮城展望台」の、3つの展望台です。それぞれ宮古島、伊良部島(いらぶじま)、来間島(くりまじま)にあり、宮古島観光で訪れる方々にも人気のスポット。宮古島の絶景を、存分に堪能できる展望台ばかりです。

 

【宮古島】平安名埼灯台


まずご紹介するのは、宮古島の城辺保良、東平安名崎にある「平安名埼灯台(へんなさきとうざい)」です。東平安名崎は宮古島の最東端にあり、「日本都市公園百景」にも選ばれています。およそ2kmもある細長い岬に、「平安名埼灯台」があります。

 
灯台ですが入場料を払えば中に入ることができ、上まで登ることができます。頂上からは宮古ブルーの海や、猛々しい荒波、太平洋や東シナ海を存分に堪能。宮古島最東端とは言え、宮古空港からは車でおよそ35分ほどですので、気軽に観光スケジュールに組み込めます。

 
関連記事:「東平安名崎」と「西平安名崎」、宮古島の最東端と最西端を紹介!

 

【伊良部島】フナウサギバナタ展望台


続いてご紹介するのは、伊良部島にある、「フナウサギバナタ展望台(フナウサギバナタ展望施設)」です。伊良部島自体は宮古島の北西にあり、伊良部大橋で宮古島と繋がっています。宮古空港がある平良エリアからも近く、観光する際に立ち寄りやすい島です。

 
「フナウサギバナタ展望台」は、伊良部島の北に位置し、宮古空港からは車で30分ほど。この展望台は大きな鳥の姿をしているため、初めて見る方は驚くのではないでしょうか。伊良部島に渡ってくる「サシバ」という鳥をモチーフにしたこの展望台の名前は、「船を見送る岬」という意味を持ちます。

 
その名前のとおり、展望台から見る海はとても美しく、吸い込まれるような水平線を堪能できます。また、この「フナウサギバナタ展望台」は、翼を広げた「サシバ」のお尻から階段を上がるユニークなデザイン。伊良部島を訪れたら、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

 
関連記事:宮古島に行くなら立ち寄りたい!伊良部島観光のススメ

 

【来間島】竜宮城展望台


最後にご紹介するのは、来間島にある「竜宮城展望台」です。宮古島の南西に位置し、「来間大橋」で繋がっている来間島は、とてものどかな田園風景と、絶景を楽しめる島。いくつもの展望台や絶景スポットがあり、そのなかでも「竜宮城展望台」は人気のスポットです。

 
宮古空港からは車でおよそ25分ほどと、やはりあまり移動時間がかからないのも魅力のひとつ。来間島から見る宮古島や、来間大橋、そして青い海を心ゆくまで楽しめます。また、この「竜宮城展望台」の入口には、来間島を守るための独自の「憲法」が掲げられています。ぜひこの憲法も一読して、来間島でのひとときを楽しんでください。

 
関連記事:宮古島を堪能しつくすなら!離島の来間島(くりまじま)もチェック

 

宮古島の展望台はどれも絶景を堪能できる!

【宮古島】平安名埼灯台

【宮古島】平安名埼灯台


今回ご紹介した展望台は3件でしたが、宮古島にある展望台や展望施設などは、どれも絶景を存分に堪能できる施設ばかりです。宮古島に訪れた際には、どこでもいいので、観光ルートや予定に展望台を組み込んでみることをおすすめします。行く予定のスポットの近くに展望台があれば、ふらりと立ち寄ってみても。宮古島の絶景を、遮るもののない高台からしっかりと目に焼き付けてくださいね。

banmenpc_720x300