【SDGs】愛知の企業のSDGs:エグチホールディングス編

エグチホールディングス/YouTubeチャンネル「夢を現実に!!!」公開動画より


2030年のゴールに向け、17種類の目標の達成が求められる「SDGs」。世界中でさまざまな取り組みが進められ、その速度は加速するばかりです。個人で挑戦できる取り組みも非常に多く、SDGsは難しくもあり、しかし身近なものでもあります。

 
周囲を見渡せば、地域そのものや地域の企業などでも、多くの取り組みがおこなわれています。そこでエグチホールディングスの本社がある愛知県に注目。愛知県の企業が取り組むSDGsについて、定期的にご紹介します。初回はもちろん、「エグチホールディングス株式会社」のSDGsです。

 

夢を現実に!エグチホールディングスのSDGs


かねてより度々ご紹介していますが、エグチホールディングスは積極的にSDGsに関する取り組みを進めています。その代表的なものが、太陽光発電。国内だけではなく海外でも、「インフラの整っていない地域の人々に安全で安定した電気を届けたい」という思いのもと、太陽光発電事業によるソーラーパネル設置が進められてきました。

 
もちろん、太陽光発電事業だけではなく、多角的な事業・活動によって、SDGsの取り組みが進んでいます。それらの一部をピックアップして見ていきましょう。

 
<関連記事>
エグチホールディングスグループSDGs活動

 

宮古島で「ゼロエネルギー」を目指す

エグチホールディングスでは宮古島での「ゼロエネルギーリゾートプロジェクト」を進めています。公式のYouTubeチャンネル「夢を現実に!!!」においても、プロジェクトの詳細を動画で紹介。積極的にエネルギー収支ゼロを目指し、環境にも配慮したリゾート開発・持続可能な島づくりが進行しています。

 
エネルギー収支ゼロの達成のためには、太陽光発電は欠かせません。2021年11月には宮古島の暮らしが体感できるヴィラ「CLASS THE FIRST」の開発工事がスタート。着実にエグチホールディングスが掲げる夢が現実に近づきつつあります。

 
<関連記事>
【SDGs】エグチホールディングスが宮古島で取り組む「SDGs」とは?

 
<公式YouTubeチャンネル>
夢を現実に!!!

 

子どもたちの未来を繋ぐ事業の数々

エグチホールディングスと言えば、太陽光発電を最初に想像する方も多いのではないでしょうか。太陽光発電だけではなく、不動産事業や海外事業、輸入食品事業など幅広く展開していますが、社会貢献として子どもたちの未来を繋ぐ支援事業や活動も広くおこなわれています。

 
代表的なものとして挙げられるのは、「沖縄キッズトライアスロン」シリーズ。競技の普及と、次世代の選手育成のため、大会のスポンサーとして支援を続けています。また沖縄での大会開催や選手の育成は、地域の活性化や町興しにも繋がり、沖縄の子どもたちだけではなく地域の未来を育む一助となります。

 
子どもたちへの支援は国内にとどまらず、海外にも進出。2019年には「カンボジアのジャパンハート子ども医療センター」へ太陽光発電設備の寄贈・運用を開始しています。現地の電力供給は不足しており、医療センターにおいても手術中に停電が発生するといった問題がありました。エグチホールディングスによる太陽光発電設備の設置により、カンボジアの子どもたちの健康と福祉、そして電気事情への対応といった大きな貢献を果たしたのです。

 
そのほか2022年1月には、グループ企業であるEGC株式会社が子ども食堂に「無農薬・無肥料・無除草剤の自然栽培野菜」を寄贈。このように、子どもたちへの支援をはじめとした、社会貢献活動を多く実施し、SDGsの取り組みを進めています。

 
<関連記事>
エグチホールディングス株式会社 ジャパンハートこども医療センターに太陽光発電設備の寄贈
【SDGS】エグチホールディングスによる、カンボジアのこども医療への支援
EGC株式会社 SDGs私募債の寄贈品贈呈について
【SDGs】名古屋市守山区の子ども食堂「心の子どもごはん」を紹介!

 

SDGsの取り組みは社内にも目を向けて実施

企業によるSDGsでは、社外・社会に向けた取り組みが目立ちます。エグチホールディングスのSDGsでは社会に向けた取り組みを進めるいっぽうで、社内にも目を向けて取り組みを実施。経営理念に「バディシップによる組織作り」を掲げ、人材育成や社員の幸福の追求などに尽力しています。

 
採用や登用には年齢や性別を問わず、また検収や外部訓練、キャリアコンサルティング制度なども推進。ハラスメントの禁止や相談窓口の設置もおこなうなど、社内はもちろん社会においても公正かつ信頼のある企業であるよう、積極的な取り組みが進められています。

 

広がり続ける、エグチホールディングスのSDGs


愛知の企業のSDGsとして、エグチホールディングスの取り組みをご紹介いたしました。今回ご紹介した取り組みの数々は、エグチホールディングスが進める取り組みの一部です。ご紹介しきれなかった取り組みや活動は少なくありません。

 
2021年7月16日には、株式会社広島銀行の「〈ひろぎん〉SDGs 取組支援サービス」を通じ、「エグチホールディングス株式会社SDGs宣言」を策定。「豊かな社会の実現」「社会貢献」「社員の幸福を追求」「公正な事業慣行」を掲げ、持続可能な社会の実現への貢献を発信いたしました。この宣言は2021年7月28日の中部経済宣言にも掲載され、中部地方でSDGsを担う企業として存在感を増しています。

 
2022年4月現在、SDGsの17種類の目標のうち、13種類の目標への取り組みを進めているエグチホールディングス。これからもSDGsへの取り組みと活動は広がり続けていくのではないでしょうか。

 
エグチホールディングスはSDGsの実現に向けて取り組んでいます。

 
<関連記事>
エグチホールディングス株式会社SDGs推進宣言
エグチホールディングス株式会社SDGs宣言が中部経済新聞に掲載されました。